50歳からでも億万長者になれる「大人のお金学」

日刊大衆

2019/10/7 06:00


画像はイメージです

50歳で毎月の住宅ローンや車の維持費を抱え、10月からの消費税率UPで家計は苦しくなる一方。「とても貯蓄する余裕などない」というのが、本音だろう。

「6月に金融庁が、“(人生100年時代は)老後は夫婦で2000万円が不足する”とする調査を発表。国民に動揺が広がりました。すぐに撤回されましたが、GMOあおぞらネット銀行によると、老後の生活資金として“2000万円を貯めることができると思う”と答えた人は、わずか3割程度。“思わない”と答えた人がほとんどでした」(全国紙財務省担当記者)とはいえ、無策では暗い老後が待ち構えている。そこで、大増税時代をぶっ飛ばし、「50歳で貯蓄ゼロ」から始めて、億万長者になる方法を伝授しよう。

億万長者への道の第一歩は、まず、金融庁が暴露した「老後に2000万円」をクリアすることだろう。

『老後資金は貯めるな!』(河出書房新社)などの著書がある、ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏が言う。「まず、公的年金を繰り下げ受給して年金を70歳から受け取ることです。そうすれば42%増しの年金を生涯受給できます。問題は65歳で退職し、そこから70歳までの5年間を、どうやってしのぐかです。夫婦で年間400万円の生活費がかかるとして、5年で2000万円。やはり、2000万円が必要になります。ただ、だからといって貯金が不可欠なわけではありません。私が老後資金は貯めなくていいと主張するのは、そういう意味です」

退職金が2000万円近くもらえた人は、その時点で準備終了。ただ、会社もいろいろ。本稿では、退職金は省いて考えてみる。

それでは、65歳から70歳までの生活費用は、どうやってひねり出せばいいのか。「節約です。といっても、部屋中の電気を消して回るという類の節約ではありません。大きな支出を見直せば、毎月7万円を浮かすことができます」(前同)

まずは保険の見直し。生命保険文化センターの調べによると、1世帯当たりの保険の掛け金は年間38.5万円。月額にすると3.2万円も支出しているのだ。「しかし、子どもが巣立っていけば保障額はうんと下げられます。月額1万円の保険で十分です」(同)保険を見直すことで、まず月2.2万円が浮く。

■見直すだけでこんなにお得

 次いで住宅ローンの見直し。マイナス金利時代の今、住宅を購入した際に組んだローンを組み直すだけで、平均して月1万円はカットできるという。

「車を持っている人はカーシェアリングに変更すること。毎月の駐車場代はもちろん、自動車税や車検、メンテナンス費用を節約でき、駐車場代にもよりますが、2万円以上の節約効果が期待できます」(同)

このほか、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマートフォンを使っているなら、夫婦そろって“格安スマホ”へ変更すべきだという。

こうして浮いた額が月7万円。外食や旅行を控えたりするのではなく、無駄を見直すだけで捻出できるのがポイントだ。

この資金を毎月積み立てていくわけだが、手堅く効率的に殖やすため、長尾氏が推奨するのが「イデコ=(iDeCo=個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA(ニーサ)」だ。

イデコには上限があり、一般の会社員の場合、月4.6万円(夫婦2人)までが投入できる資金の上限で、60歳まで毎月積み立てることができる。50歳から始めると、元本は10年間で552万円にしかならないが、イデコには所得税・住民税合わせて20%の控除がある(課税所得10%の場合)。したがって、10年間での税金の戻り(控除分)が約110万円。さらに、イデコは投資信託などで運用するため、運用利回りも加わる。

「株式と公社債がバランスよく組み込まれた、インデックス(指標)ファンドがお勧め。年4%程度の利回りの商品なら10年で約125万円。元本・控除分を合わせて約787万円となります」(前出の長尾氏)

家計見直しで浮いた7万円のうち、残りの2.4万円は、年4%の投信をつみたてNISAで運用する。60歳でイデコが終わったら、全額7万円をつみたてNISAなどで運用すると、65歳時点でISAの収益は元本合わせ、800万円超に(つみたてNISAは、夫婦合わせて月6万6667円が上限)。先に確保したイデコ分と合わせると、約1600万円に膨れ上がる計算になる。

ただし、目標の2000万円までには400万円が不足しているため、あと月1万3000円、積み立てに回したい。

■投資の重要性

 たとえば、電気・ガス・水道代の見直しで約1万円、小遣いを夫婦で3000円節約するくらいなら、難しくはないはずだ。さて、“億万長者”になるには、ここからが本番。

「やはり、高利回りの金融商品に投資しなければ大きなリターンは得られません。ただ、その分、リスクも上昇しますので、資金の1~2割を高リターンの商品に回すのがよいと思います」(証券会社社員)

仮想通貨(暗号資産)などに投資し、わずか1年足らずで“11億円を稼いだ男”でもある、ファイナンシャルプランナーのナカモトヤスシ氏に聞いてみた。

ナカモト氏のお勧めの商品は表の通りだが、比較的手堅い商品が、「10年物ドル建て国債(既発債)」と「純金積み立て」だ。



「ドル建て国債は、証券会社などで月1万円から投資できます。為替相場に左右されるため、円高ドル安になれば損することになりますが、今後の円ドル相場は1ドル=130円までいくと予想しています。そうなれば、10~15%の為替差益を期待できるかもしれません」(ナカモト氏)

金は過去30年間の平均利回りが8%という、実績抜群の金融商品で、毎月3000円から積み立てられる。さきほどの7万円にプラスして1.3万円を純金積み立てに回せば、資産は合計で2000万円まで積み上がる計算だ。

この続きは現在発売中の『週刊大衆』10月21・28日号で。

当記事は日刊大衆の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ