約束の時間より2時間早く来た水道業者 その後のさらなる仕打ちに絶句

しらべぇ

2019/10/7 05:15

(BBuilder/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
自分は間違っていない。そう思いながらも、クレームを言うのは苦手、しかし、モヤモヤとしてしまうという人も多いのではないだろうか。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、そうした事柄について、「クレームを言うほどではないけど、モヤモヤしたこと」と題したトピックに注目が集まっている。

■子供とお昼寝をしていると…


先日、水道工事の立ち合いを夫から頼まれ、自宅で待っていたという投稿者の女性。約束の時間まで1歳の子供と一緒にお昼寝をしていたのが、水道業者が予定時間より2時間近く早く訪ねてきたそうだ。

インターホンの音で起きてしまった子供は不機嫌に。そのため、すぐに玄関先まで出られず、「少し待ってください」とインターホン越しに伝えたのだが、業者は繰り返しチャイムを鳴らし続けてきたという。


関連記事:クレーム言う人をどう思う? 言い方ひとつで「貴重なご意見」に変化も

■掲示板ユーザーも同情「腹立つ」


投稿者はこのことにイライラ。さらには、肝心の工事担当者はまだ来ていないからと、結局、当初の約束時間まで待ちぼうけを食らったそうだ。

今回の投稿を受け、掲示板ユーザーからは「それは腹が立つ」「クレームを入れたほうがいい」といったコメントが書き込まれている。

「早く来るのは仕方ないにしても、結局、待ちぼうけなのが腹立つな」


「15時に約束してたのに13時に来たってことなら、それは業者が悪いよ。クレームを入れたほうがいい」


「私なら2時間後にまた来てくださいって追い返すけどな」


また、コメントの中には、「自分なら一度帰ってもらう」といった意見も見られた。

■約6割「クレームを言う人に寛容」


相手が間違っていると思っても、勇気が出ず、なかなかクレームを言えない人も多いはず。しかし、実際のところ、世の中の人は「クレームを入れること」に対し、どのような印象を持っているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,349名を対象に調査したところ、全体の62.2%が「クレームを言う人に寛容である」と回答している。



理不尽なことで、クレームを入れるのはダメだが、相手に非がある場合にはきちんと伝えるべきと考えている人も少なくないようだ。

・合わせて読みたい→「『時代が違う』と言いたい」 おせっかいおばさんの手を焼くクレーム

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ