「ゴロチのイラチがいい風に出た」草なぎ剛、稲垣吾郎が飲食店の運営に向いていると太鼓判

AbemaTIMES

2019/10/6 22:55



 現在放送中の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のレギュラー番組『7.2 新しい別の窓 #19』(AbemaTV)で、4日に銀座にオープンした稲垣がディレクションを担当したレストラン&カフェ『BISTRO J_O』『J_O CAFE』について語った。

稲垣によると「ワインを決めるにしても、ワイン好きの人だけが飲むわけじゃないし、(ワインを普段そんなに飲まないような)大勢の方に受け入れられるってどういうことかなって思ったり」と店作りは試行錯誤の連続だったようだが、そのなかで「(メニューなどは)食べたり飲んだりする人のことを想像しながら作っていったので、それがすごく楽しかった」とやりがいを見つけることもできたようだ。

また、店の照明の調整など細かい点まで稲垣は注文を出していたといい、それについて草なぎは「吾郎さん向いてるよね。繊細なんだなと思った」と話し、さらに「ゴロチのイラチなところがいい風に出ているよね。繊細で(いろいろと)気になるところが」と続けると、これには稲垣本人も「神経質なところが、逆によく出ていた」と同調していた。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ