女性には効いても男性には効かない薬だってあるらしい

190917wiki
Photo: Rillke (Wikimedia Commons)

性別で処方も分かれることに…。

薬を飲むとき、それは男性向けか、あるいは女性向けなのかって、ほとんど気にすることはないと思います。しかしながら、一部の薬は、性別の違いを大いに考慮して処方しなければ、まったく意味のないことが判明したそうですよ!

年齢による違いかと思いきや…


このほどScience Advancesは、メトホルミンを脳の治療に活用する臨床試験の調査レポートを発表。主に2型糖尿病患者の治療に用いられてきたメトホルミンですが、脳を損傷から回復させたり、認知症の悪化を防いだりするためにも有効なのでは? そんな指摘が各所からあったため、実験用マウスでのテストが進められてきました。そして、誕生直後に脳卒中を患い、脳に損傷があったマウスの治療に効果があることが実証されました。

しかしながら、カナダのトロント大学で解剖学の権威となるCindi Morshead生物学者が率いる研究チームは、同じメトホルミンでも、思春期や成熟期のマウスには、脳の幹細胞の発育を促進する効果が見られないことを突き止めました。当初は、大人になったら効き目が薄れるのかと結論づけられようとしていたのですが、その後、ある傾向に気づいたそうです。それは、メスのマウスの脳治療には効くものの、まったくオスのマウスには効かないという、如実に性別による違いがあったとのことですよ。

性差による効果の違い、その原因


さらに研究を進めた結果、どうやら女性ホルモンのエストロゲンが、メトホルミンの脳内幹細胞の発育効果を促すと判明。一方、男性ホルモンのテストステロンが分泌されると、メトホルミンが脳の幹細胞にもたらすはずの効果が遮断されてしまい、治療の妨げになっていることがわかってきたそうです。オスでもメスでも、誕生直後のマウスにはエストロゲンが一時的に大量分泌されることから、初期のテストでは、性別に関係なく効果が実証されていたんだとか。

今回の研究を通じ、臨床試験においては、性差を考慮したテストを進めるべき重要性が、改めて明らかになったとされています。過去には一部の睡眠導入剤が、男性には問題なく処方されても、女性への服用には危険があることも判明しています。さらに今後いろんなことが発見されていくのかもしれませんよね。

Source: Science Advances

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ