“モルモット風味”のアイスクリームがエクアドルの小さな店に登場

日本でモルモットといえば、犬や猫より飼育が簡単なことから人気のペットという認識があるが、南米エクアドルでは“モルモット風味”のアイスクリームが販売され、地元のみならず米メディア『New York Post』『WCIV ABC News 4』などでも伝えられた。はたしてそのお味は…。

エクアドル共和国の首都キトの郊外にある小さなアイスクリーム店で、“モルモット風味”のアイスクリームが登場し話題を呼んでいる。この奇妙なアイスクリームを考案して販売しているのが、この店の店主マリア・デル・カルメン・ピラパーナさん(Maria del Carmen Pilapana)だ。

実はエクアドルやコロンビア、ペルー、ボリビアなどを含む中南米諸国では、たんぱく質が豊富なクイ(cuy)と呼ばれるテンジクネズミ(モルモット)を調理して食べる習慣がある。そしてエクアドルでは、塩で調理したモルモットにジャガイモとピーナッツソースを添えて食べるとのことだ。

そこからヒントを得たマリアさんは、モルモットの肉を煮詰めてペースト状にして凝縮させてから牛乳やクリームを混ぜ、それを最適な固さになるまで冷凍して“モルモット風味”のアイスクリームを作り上げたという。マリアさんのお店に来てこのアイスクリームを初めて知る客は、その味に疑心暗鬼になりながらも思わず笑いだしてしまうそうだ。

“モルモット風味”のアイスクリームを食べたマーレン・フランコさん(Marlene Franco、78)は「最初は躊躇いましたが、実際には美味しかったですよ」と話しており、その味は「鶏肉のようだった」とのことだ。

当初マリアさんの家族は、このアイスクリームについて懸念を示していたそうだ。マリアさんは「夫を含む家族は私のことを頭がおかしくなったと思ったようです。そしてこのアイスクリームを食べたがるお客がいるとは予想も出来なかったみたいです。しかし今では店の主力商品になっているのですよ」と明かしている。

そんなマリアさんはかつて仕事がなく、夫との間に3人の子供がいて家計を賄わなければならない状況に陥ってしまった。そこで思い切って起業する人のための無料のトレーニングコースを受けたのだが、革新的な案を出してそれを実行するように課題を出されていた。

そこから“モルモット風味”のアイスクリームが誕生し、今年9月から販売を開始した。そして噂を聞きつけた人がマリアさんのアイスクリームを求めてやってくるようになった。彼女のお店には、この他にもカブトムシとキノコのアイスクリームなど一風かわった味が楽しめる。

ちなみにアリやセミといった昆虫は中南米ではデザートに使われることもあるが、モルモットは地元の人にとっても珍しいアイスクリームだったようだ。マリアさんは今後、新しい味としてカニ、鶏肉、豚肉味などに挑戦したいと意欲を見せている。

画像は『The Sun 2019年10月5日付「PIGGING OUT Bizarre Guinea pig flavoured ice cream introduced by stall owner in Ecuador」(Credit: AP:Associated Press)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ