相手の領域に立ち入ってない? 本当の「気が利く」とは?

マイロハス

2019/10/6 07:20


女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)
「気が利く」は「領域侵害」
image via Shutterstock

女性はいろいろな場面で「女らしさ」を要求されます。その重要なもののひとつが、「細やかさ」です。それはつまり、よく察するように、相手の顔色をよく読むように、ということ。そして、顔色がよく読めると、「気が利く」とほめられることになります。

しかし、こんなことばかりしていると、「それが誰の領域の問題なのか」ということがわからなくなってしまいます。

相手が必要としていることを察することができる、ということは、つまりは相手の領域に立ち入って忖度しているということ。たまたま相手に喜ばれることもあるでしょうが、その基本構造は相手に対する「領域侵害」です。

これが、「女」のひとつの問題につながります。「女」には、「お母さん病」「お姉さん病」とでも言えるような特徴があるのですが、それは、「あなたのことは私が一番よくわかっているから」とでもいうような態度のことです。それが当の本人の実態とずれれば「トンチンカンなことの押しつけ」ということになりますし、仮に本人に合致したものであるとしても「余計なお世話」と感じられることもあります。

自分のことは自分で決めたい、そのために自由に悩んだり考えたりする空間がほしい、と思う人は多いのです。

女子の人間関係

女子の人間関係

1,430円

購入する

女子の人間関係
なぜ、あの“女”(ひと)はあなたの感情を乱すのか? 比べたがる“女”、敵・味方を作りたがる“女”、「自分は自分、他人は他人」ができない“女”、そして自分のなかの“女”……女性同士の人間関係の悩みや、いわゆる「女」の嫌な部分から解放されて生きていくためには、自分と相手の中にある「女」についてよく知ることが大切。対人関係療法を専門とする著者ならではの視点で、女子の人間関係をスムーズにする方法をレクチャーします。

水島広子(みずしま・ひろこ)先生
精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表。2000年~2005年衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正実現に尽力。『「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本』など著書多数。

30日間の「女子の人間関係」をもっと見る

あなたはストレス体質?

当記事はマイロハスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ