子ゾウを助けようとして転落か 滝底でゾウ6頭の死骸見つかる(タイ)

タイ、バンコク郊外にある国内最古のカオヤイ国立公園は世界自然遺産にも指定されており、野生のゾウやトラなど希少な野生動物が生息することで知られている。今月5日、公園内の滝底で6頭のゾウが死んでいるのが確認され、公園は一時閉鎖された。

今月5日午前3時ごろ、カオヤイ国立公園のナコーンナーヨック県にある滝‟ヘーウ・ナロック(Haew Narok)”付近で、ゾウが悲痛な叫び声をあげているのを「タイ国立公園・野生動物・植物保全局(DNP)」のスタッフが聞きつけた。DNPスタッフは、同県に接するプラーチーンブリー県のハイウェイ付近にいた他のゾウを森に返す作業をしている最中だった。

暗闇の中で激しく鳴き叫ぶゾウの捜索を開始したDNPスタッフは午前6時頃、3歳の子ゾウがヘーウ・ナロックの滝底で身体が浮いた状態で死んでいるのを確認し、そのすぐ近くで5頭のゾウが溺死しているのを発見した。DNPのスポークスマンによると、前日に激しい雨が降っており滝周辺の岩場はかなり滑りやすくなっていたという。6頭の転落の原因は不明だが、『Bangkok Post』では岩場から足を滑らせて落ちた子ゾウを助けようとして、他の5頭が次々に転落した可能性を示唆している。

また滝底上方の狭い岩場では2頭のゾウが立ち往生しているのが発見され、DNPスタッフはロープなどを使って救出作戦を開始。午後2時半頃に無事救出に成功した。2頭は体力をかなり消耗しており、森で生きていけるように栄養剤を注入したエサが与えられたようだ。

今後2頭はDNPの監視下に置かれる予定だが、タイの動物保護団体「Wildlife Friends Foundation Thailand(WFFT)」の創設者エドウィン・ウィーク氏(Edwin Wiek)は、「助かった2頭のうちの1頭は子ゾウの母親のようだ。2頭は家族を失い精神的にかなりのダメージを受けている。ゾウは大きな群れを作ることで身を守り、食料を得る。群れの半数以上を失った2頭が自然の中で生き延びていくのは難しいかもしれない」と述べている。『Fox News』によると、タイには約7,000頭のアジアゾウが確認されているが、その半数以上は捕獲され人間の飼育下にあるという。

なお、高さが150メートルあるヘーウ・ナロックは‟地獄の深淵(Hell’s Abyss)”としても知られており、1992年にもゾウ8頭が命を落としていた。

画像は『กรมอุทยานแห่งชาติ สัตว์ป่า และพันธุ์พืช 2019年10月5日付Facebook「อุทยานแห่งชาติเขาใหญ่ประกาศปิดการท่องเที่ยวบริเวณน้ำตกเหวนรก ชั่วคราว หลังพบช้างป่าเสียชีวิตถึง 6 ตัว ด้านช้างป่าที่รอดชีวิต ทีมสัตวแพทย์เฝ้าระวังอาการอย่างใกล้ชิด」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ