LINEのPC版で既読をつけないでメッセージを読む

ラジオライフ.com

2019/10/6 12:05


スマホの普及とともにユーザーを増やしてきた「LINE」ですが、じつはPC版もあります。機能はそれぞれ異なり、LINEはPC版の方ができることは多岐に渡っているのです。中でも、LINEのPC版はメッセージを既読をつけないで読む方法が簡単。LINEのPC版で実現する凄ワザ4選を紹介しましょう。

LINEのPC版で既読をつけないでメッセージを読む

LINEのPC版は機能が盛りだくさん


LINEのPC版は、既読をつけないでメッセージが読めたり、画面キャプチャの共有や画像のテキスト化など便利な機能が盛りだくさん。スマホ版だけでなくPC版も併用して、LINEをより便利に使いこなしましょう。

LINEのPC版1つめの凄ワザが「ID・電話番号の検索機能」です。そもそもスマホのLINEアプリでID・電話番号の検索機能を使うためには、NTTドコモやauといった携帯キャリアでの年齢認証が必要です。

そして、18歳未満のユーザーは、このID・電話番号の検索機能をスマホ版では使えない仕様。また、格安SIMのスマホは、そもそも年齢認証を行えないため、18歳以上であっても、ID・電話番号の検索機能が使えないのです。

しかし、LINEのPC版では年齢認証せずに、ID・電話番号の検索機能を利用可能。格安SIMユーザーや18歳未満のユーザーでも、IDや電話番号で友だち追加できます。

LINEのPC版で既読つけないで確認


LINEのPC版2つめの凄ワザが「既読をつけないで確認」です。やり方は相手とのトーク画面を開き、アイコン写真をクリック。相手のプロフィール画面が開いている間は、送信者には既読をつけないでメッセージを確認できます。

LINEのPC版3つめの凄ワザが「画面キャプチャの共有」です。トーク画面の文字入力エリアにある切り抜きツールをクリックして画面キャプチャ機能を使うと、送りたい部分だけを切り抜いて送信が可能。わざわざ描画ツールなどを使わなくて済みます。

LINEのPC版4つめの凄ワザが「切り抜いた画像のテキスト化」です。切り抜いたキャプチャ画像を右クリック。「テキストに変換」を選択すると、自動で文字をテキストに変換できます。そのままメッセージとして送信でき、英語・韓国語・中国語に翻訳も可能です。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ