嫉妬の意味とは?恋愛で嫉妬する男女の心理と嫉妬をおさえる方法

ハウコレ

2019/10/6 12:00



恋人のことを想えば想うほどに強まっていく嫉妬心。本当は嫉妬なんてしたくないのに、どうしてもやめられない!と悩む女性は少なくありません。さて、人はなぜ恋愛で嫉妬をしてしまうのでしょうか。嫉妬をしないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。今回は、嫉妬の意味や類語、恋愛で嫉妬する男女の心理、嫉妬をおさえる方法などについてわかりやすくご説明していきます。嫉妬でつらい思いをしている女性は、ぜひチェックしてみてくださいね。

■嫉妬とは



■恋愛における嫉妬
嫉妬は、以下のように2通りの解釈ができます。①他人が自分よりも恵まれていたり優れていたりするときに感じる、羨みや妬みの感情。②自分の愛する相手の愛情が他人に向いたときの、恨みや憎しみの感情。

嫉妬の意味を恋愛の視点で考えると、②の「自分の愛する相手の愛情が他人に向いたときの、恨みや憎しみの感情」が当てはまります。恋人が他の異性を褒めたり、異性の友達と会ったりすると、なんだか複雑な気分になりますよね。自分以外と仲良くしないで欲しい、独り占めにしたいという気持ちこそがまさしく嫉妬なのです。

■嫉妬とやきもちとの意味の違い
嫉妬とほぼ同じ意味を持つ類語の「やきもち」。語源は、嫉妬=「妬く(焼く)」にシャレで「餅」が付け加えられたという説や、「妬く」+「気持ち」でやきもちという言葉ができたという説などがあります。ちなみに嫉妬のことを中国語で「吃醋」と言いますが、これは一説によると「酢を醸造する際、一度に二つの樽で醸造すると片方が腐る=一家は一夫一妻制でないと片方が嫉妬をする」という意味なのだそう。国は違えど、女性の嫉妬心は全世界共通のようですね。ちなみに嫉妬とやきもちの違いは明確にはありませんが、ニュアンス的には嫉妬=ドロドロした負の感情であり、やきもち=かわいらしくけなげな恋心、と区別されることが多いようです。

■嫉妬をしてしまう女の心理と理由



■愛情を感じない
彼の態度がいつもよりも冷たいとき、「自分以外に好きな女性ができたのでは?」と感じたことはないでしょうか。多くの女性は彼からの愛情が感じられないとき、それを彼のせいではなく他の女性のせいにして嫉妬をします。自分を差し置いて彼からの愛を受けているであろう他人に対し、女性は強い憎しみや恨みを抱くのです。彼氏の浮気を浮気相手のせいにする女性が多いのは、こういった心理が関係しています。

■自分に自信がない
「こんなダメダメな自分じゃ、いつか彼が離れていってしまうかもしれない...…」という不安が嫉妬に変わる場合もあります。自分に自信がない女性は、常に彼を失う不安に苛まれています。ほかの女性が現れたとき「でも、私が彼の彼女だから!」と大きく構えていられれば問題ないのですが、「彼をとられてしまうかも」と感じたが最後、嫉妬心はむくむくと増幅していくでしょう。

■敵意を持つ相手がいる
彼と仲の良い女友達、彼とよく飲みに行く女性の同僚、いまだに彼と連絡をとっている元カノ。このように、敵意を感じる相手がいる場合にも女性は嫉妬をします。彼自身には一切浮気心がないとしても、彼の身近に女性がいるだけで強い嫉妬心を抱く女性は少なくありません。彼がほかの女性との関わりを完全に絶ってくれれば安心できるのかもしれませんが、そうもいきませんよね。

■嫉妬をしてしまう男の心理と理由



■独占欲や支配欲
男性の嫉妬には、「彼女は自分のものだ」という独占欲や、「彼女をとられたくない」といった支配欲が関係しています。男性の中には、付き合っている女性のことを自分の所有物だと考える人もいます。このような男性は、ほかの男性が自分と彼女を引き離そうとすることを決して許しません。彼女を絶対に手放したくないという強い気持ちが、嫉妬につながるのです。

■怒りやもどかしさが嫉妬になる
彼女の興味がほかの男性に移ることに関して、怒りやもどかしさを感じる男性もいます。こういった男性はプライドが高く、彼女が他の男性に注目することに対し強い不快感をもつようです。「彼女のことが好き」という気持ちが根底にあるのはたしかですが、それよりも「自分から離れていくなんて信じられない!」といった怒りの気持ちが強く、DVなどに発展する場合もあります。

■他の男に負けたくない
対抗心の強い男性の場合、ほかの男性に負けたくないという思いから嫉妬をする場合もあります。自分の彼女がほかの男性に取られることを、男としての屈辱だと感じるのでしょう。このタイプの男性は、あの手この手を使って彼女の興味を自分に向けようとします。不安や心細さから嫉妬が生まれる女性と違い、男性の場合は対抗心やプライドから嫉妬が生まれることが多いようですね。

■嫉妬をおさえる&嫉妬しないようにする方法



■気持ちのベクトルを趣味や仕事にかえる
嫉妬の根底には、彼氏に対する強い執着心があります。つまり、彼のことばかり考えていたのでは、嫉妬心をおさえることはできないということです。嫉妬をおさえるためには、気持ちのベクトルを趣味や仕事に転換することが大切です。恋愛の他に熱中できるものを見つけることができれば、嫉妬のしすぎでつらい思いをすることはなくなるでしょう。

■自分磨きをして自分に自信を持つ
自分に自信が無いことが嫉妬の原因になっている女性には、自分磨きがおすすめです。メイクやコーデの勉強をしたり、仕事で新しい業務に挑戦したりして「理想の自分」を目指しましょう。自分に自信があれば、彼がほかの女性にとられてしまうかも…なんて不安になることはありません。「彼はきっと私から離れられないはず」と思えるくらいに自信を持って、嫉妬に振り回される生活にサヨナラしましょう!

■嫉妬される側にまわる
嫉妬するのがつらいなら、嫉妬される側にまわるというのもひとつの手です。わざと嫉妬させるように仕向けることで、求められる側の余裕を味わうことができるでしょう。ただし意図的に嫉妬させることで、思わぬトラブルが生じてしまうおそれもあります。彼から嫉妬されるどころか、信頼を失ってしまう可能性もあると覚悟した上でなら、やってみる価値はあるでしょう。

■気持ちを吐き出す場所をつくる
嫉妬心に追い詰められてしまわないように、気持ちを吐き出す場所をつくるのもおすすめです。たとえば......・家族や友達など、信頼できる人に話を聞いてもらう。・ノートに気持ちを書き出して心のモヤモヤを整理する。・カラオケなど防音設備のある部屋で不満を叫ぶ。こうして気持ちを吐き出すことで、すっきりした気持ちで彼と向き合うことができます。嫉妬を溜め込んでいても何も良いことはないので、定期的な発散を心がけましょう。

■嫉妬に支配されないよううまく付き合おう


嫉妬の意味や類語、嫉妬する男女の心理、嫉妬をおさえる方法についてわかりやすくご説明してきました。嫉妬は相手のことを愛しく思うがゆえに生まれるものなので、恋人に対してまったく嫉妬しない!というのは難しいかもしれません。しかし、心を嫉妬に支配されたときにつらい思いをするのは他でもないあなた自身です。恋愛だけにとらわれずに視野を広く持つことで、嫉妬とうまく付き合っていきましょう。

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ