『仮面ライダーゼロワン』バルキリーが新フォームに、ライトニングホーネットプログライズキー登場


特撮ドラマ『仮面ライダーゼロワン』より、「ライトニングホーネットプログライズキー」がなりきり玩具になって登場。「DXライトニングホーネットプログライズキー」(1,500円/税抜)として、10月5日から発売されている。

「ライトニングホーネットプログライズキー」は、10月6日に放送された第6話「アナタの声を聞きたい」にて、刃唯阿(演:井桁弘恵)が「仮面ライダーバルキリー ライトニングホーネット」にフォームチェンジする際に使用したプログライズキー。「DXライトニングホーネットプログライズキー」は、プログライズキーを起動後に別売りの「DXエイムズショットライザー」に装填し、プログライズキーを変形させてトリガーを引くと、「仮面ライダーバルキリー ライトニングホーネット」への変身遊びが楽しめる。

また、プログライズキーのボタンを押して別売りの「変身ベルト DX飛電ゼロワンドライバー」にタッチし、プログライズキーを変形してベルトに装填することも可能。単体遊びは、ボタンを押すと発光し、音声が発動。さらにプログライズキーを展開してキーモードに変形する。

(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ