学食でも「フードロス」の削減を。東京農大食堂に「TABETE」導入

TABILABO

2019/10/6 10:00


食べ物は大切に。

このほど、グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が、いよいよ「学食」にも導入される。これは、国内初の試みだ。

「フードロス削減」をコンセプトに掲げるTABETEは、まだまだおいしく食べられるのに「捨てざるを得ない危機」にある飲食店の食事を、ユーザーが1品からお得に購入することによって「レスキュー」できるという仕組み。

現在、このシェアリングサービスには、20~40代の働く女性を中心とした約16万人のユーザーと、飲食店や惣菜店を中心とした約320店舗が登録している。

このプラットフォームを国内で初めて学食に導入するのは「東京農業大学」世田谷キャンパスの学生食堂(生協食堂)「カフェテリア・グリーン」。ビュッフェ形式で料理を提供するコーナーがあるが、どうしても料理が余ってしまう日があることが課題だった。この余ってしまった料理を、大学生活協同組合がTABETEに出品し、学生や教職員が購入できるようにする。

「フードロス削減」は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にも記載され、日本政府が掲げる「SDGs実施方針」の優先課題としても位置づけられている。

TABETEを使うと、簡単に食料廃棄の削減に貢献することができ、食べ手も作り手も幸せになる。地球に優しい取り組みがまたひとつ始まった。

Top image: (C) Tokyo University Of Agriculture. All Rights Reserved.

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ