「なんで、面接に通らない?」 IT業界転職経験者に聞きました

OVO

2019/10/6 07:30



IT/Web/ゲーム業界専門の転職エージェントであるギークリー(東京)は、転職を実現させた人のうち、転職活動中に「面接に通らない」と思った人を対象に、「なぜ面接に通らなかったか」について調査を実施した。

IT業界の転職では、選考を受ける「ポジション」によって、企業側が必要スキルを設定していることもしばしば。その「必要とされているスキルの基準に達していない」ことが原因で、面接に通らなかったと考える人が31.7%と最も多い結果になった。こうしたケースでは、「スキルが多少低くても、若手で人柄を評価してもらえる企業」に応募先を変えるといった対策をした人もいた。

「スキル不足」に続く第2位は、「キャリアチェンジ」で24.5%の人が回答。元営業の人がエンジニアを希望したり、オープン系エンジニアの人がWeb系エンジニアを希望するなどのケースがそれに当たる。この場合、まずは未経験での採用実績のあるキャリアを積み、中長期的な目線でキャリアを考えることが必要という。

第3位は「転職・志望理由が曖昧」で、10.9%の人が回答。何となく今の職場から離れたいが、いざ転職活動をしてみると何のための転職なのかが分からなくなる、といったケースもあるものの、これはIT業界に限ったことではないだろう。志望理由と転職理由をはっきりとさせ、きちんと答えられるようにしよう。

IT業界は慢性的な人手不足だが、当然、採用は誰でも・・・というわけではないようだ。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ