【日本麺紀行】埼玉県が誇るソウルフード・スタミナラーメンとは?

GOTRIP!

2019/10/6 13:11

日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン、日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は埼玉県が誇るソウルフードとも言えるラーメンをご紹介したい。

それが娘娘(にゃんにゃん)のスタミナラーメンだ。

・約45年前に生まれた埼玉県民がこよなく愛するソウルフードの1つ、それがスタミナラーメン
埼玉県においてスタミナラーメンとは、今回ご紹介する中華料理店「娘々」(にゃんにゃん)や「漫々亭」(まんまんてい)、ならびにその姉妹店で出されるラーメンのメニューのこと。

詳細は判明していないそうなのだが、このメニューが生まれたのは1975年~1976年(昭和50年から51年)だそうだ。

1975年~1976年(昭和50年から51年)といえば、ベトナム戦争が集結し、第1回先進国首脳会議、いわゆる現在でいうところのサミットが、フランス、西ドイツ、イタリア、日本、イギリス、アメリカの6カ国で行われた最初の年。

日本では、クロネコヤマトの宅急便やほっかほっか亭などのサービスが生まれ、山陽新幹線が博多まで開通し、1等1000万円の年末ジャンボ宝くじが発売されるなど、日本が劇的なスピードで経済発展している、真っ只中だった頃。

そんな時代に生まれた埼玉県の美味しいラーメンは、今なお多くのファンを虜にし続けている。
IMG_0566
・たっぷりの餡が絡む味わいが癖になる、それが娘娘(にゃんにゃん)のスタミナラーメン

スタミナラーメンとは、豚の挽肉、ニラ、玉ねぎなどを炒めたものを醤油と豆板醤で味付け、にんにくとショウガのパンチを効かせたものを餡にしたあんかけを載せた醤油ラーメンのこと。

元々は醤油ラーメンの上に麻婆豆腐を載せた、マーボー麺を試行錯誤したものの末に出来上がったメニューだそうだ。

そんな試行錯誤の末に出来上がった埼玉が誇るソウルフード・スタミナラーメンは、艶やかで香り高く、美しく光り輝いているように見えるほどだ。
IMG_1236

まずはスープから味わってみれば、爽やかな醤油ラーメンの味わいとパンチの効いた餡とのハーモニーを楽しめる。辛さの中にも、醤油スープのウマミを感じるため非常にあと引く味わいであることがわかる。
IMG_1235

スープを味わったのならば、麺と一緒にスタミナラーメンを味わってもらいたい。

ウマミたっぷりのスープと香辛料のパンチを効かせた餡が、しっかりと麺に絡むため、無意識のうちに次から次へと麺を胃袋へと送りこんでしまう。

まさにやめられない、止まらない状態となってしまうほどだ。

長きに渡って埼玉県民が愛する理由はこのラーメンをひとくち味わえば、よくわかる。
IMG_1234

・美味しい餃子もオススメ
こちらのお店だが、もう一つオススメしたいメニューがある。

それがひとくちサイズの餃子だ。

スナック感覚で味わえる餃子はそれだけでも非常に美味だが、
IMG_1239

卓上の自家製ラー油を加えて味わえば、さらに香ばしい美味しさを味わえる。
IMG_0554
IMG_1240

埼玉県で生まれ、長きに渡って愛されてきたスタミナラーメン。

もし埼玉県を旅することがあるのであれば、1度はこの味わいを堪能してみてはいかがだろうか?

きっとそこには、他の場所にはどこにも無い、この場所でしか味わえない、美味しいラーメンがあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 娘々 (にゃんにゃん) 北浦和店
住所 埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-2-13 栄ビル 1F
営業時間 12:00~20:00
定休日 月曜日・火曜日
公益社団法人さいたま観光国際協会によるスタミナラーメンに関する情報ページ https://www.stib.jp/stamina/index.shtml

IMG_0565

IMG_0564

IMG_0551

IMG_0552

IMG_0553

当記事はGOTRIP!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ