結木滉星、寛一郎とLINE友達「お互い『兄弟』って呼んでるんです」

クランクイン!

2019/10/5 18:55

 俳優の寛一郎と結木滉星が5日、都内で映画『下忍 赤い影』公開記念舞台挨拶に登壇。トークで会場を盛り上げ、“兄弟"と呼び合う仲むつまじい関係を明らかにした。

本作は、映画『キングダム』のアクションチームが展開する時代劇。幕末を舞台に、忍者組織の最下層にして、最前線の実行部隊である「下忍」の末えい・竜(寛一郎)と薩摩藩の姫・静(山口まゆ)が激動の時代に翻弄される姿を描く。11月15日には、『下忍 青い影』の公開も予定している。

本イベントには寛一郎や結木、山口をはじめ、PANTA(頭脳警察)、山口義高監督が出席した。

寛一郎は初の時代劇にして、初のアクション。「いろいろ初めて尽くしで大変だっけど、キャスト皆が仲良くて、時代感に溶け込むことは意外とすんなりいけた。アクションはきつかったけど、隣にいる滉星くんと一緒に、ずっと二人三脚でがんばってきた。意外と、手こずらなかった」と話した。

山口も初めて時代劇にチャレンジ。「着物を着てお芝居をするのが初めてだった。(帯などで)ガッツリ締め付けられる中で(演技を)やった。けれども、意外と引き締まっている感じが心地よくて、スイッチの切り替えもやりやすかった」と話して、「アクションやりたかったな…」とため息。「『うらやましいな』と思って、近くで見ていました」と振り返り、自身のアクションシーンがあったものの「一瞬で終わった。もうちょっとやりたかった」とこぼした。

見どころはクライマックス5分のワンカットアクション。結木が「撮影の2日前に急きょ決定した」と明かし、「『赤い影』は2人でワンカットアクションを長回しするから、(相手の寛一郎と)同じ気持ちを共有できてよかった。『青い影』もワンカットアクションがあって、そっちは僕が一人でぶった斬る。一人…めっちゃ心細かったです」と本音を吐露した。

「何者にもなれる」という本作のセリフにちなんで今後を問われると、11月20日に19歳になる山口は「来年20歳になる。大人の道へ進んでいけるように頑張りたい。大学に通っているけど、自分からしゃべれないタイプなので、自分からしゃべって人脈を広げていきたい」とコメント。寛一郎も「人とコミュニケーションを取るのが得意ではない。積極的にいろんな人とコミュニケーションを取っていろいろ発言できれば」と意気込んだ。

それを聞いて結木は、プライベートで「けっこう誘ってくれるんですよ、寛ちゃん。LINEで『兄弟、今日何してるの?』って。仲良くて、お互い『兄弟』って呼んでるんですよ」と告白。ただし互いに多忙で、なかなか遊びに行けないと笑い合っていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ