ジャスティン・ビーバーに動物愛護団体が物申す「動物救済はどうでもいいらしい」

先月末にサウスカロライナ州で挙式したジャスティン・ビーバー。現在幸せの余韻に浸るジャスティンに、頭の痛いニュースが飛び込んできた。8月から飼い始めた「サバンナキャット」の愛猫について、動物愛護団体から皮肉たっぷりの苦情が届いたのである。

今年8月に「サバンナキャット」と呼ばれる品種のメス猫を飼い始めたジャスティン・ビーバー。アフリカの大型野生猫サーバルキャットとイエネコの交配種である「サバンナキャット」は、体全体に広がる大きな黒の斑点が特徴だ。ジャスティンはこの4本足の“娘”を“スシ”と名付け、Instagramで多数の写真や動画を公開していた。ジャスティンはその後ほどなくして、同種のオス猫を迎え入れ“ツナ”と命名、先月末には“kittysushiandtuna”のユーザーネームで猫達専用のInstagramアカウントを作成した。プロフィールには、

「ツナとスシは“F1グレード”のサバンナの血を引くきょうだいです。このアカウントは父ジャスティン・ビーバーによって運営されています。」

と書かれている。

「サバンナキャット」に関する詳細が記載されたウェブサイト『f3savannahcat.com』によれば、“F1グレード”は野生猫サーバルキャットのDNAが30%~50%組み込まれた最も稀有なグレードで、オスの子猫は1万2000ドル~1万6000ドル(およそ128万円~170万円)、メスの子猫は1万5000ドル~2万ドル(およそ160万円~214万円)だという。通常ペットして飼われるのは“F8グレード”あたりが一般的なことから、ジャスティンが飼う“スシ&ツナ”はかなり野生に近い品種であることが分かる。

現在ジャスティンの暮らすカリフォルニア州では、この「サバンナキャット」のペットとしての飼育は合法化されている。しかし「サバンナキャット協会」によればコロラド州、ニューヨーク州、テキサス州など8州では制限付きの飼育のみ合法、もしくは違法になっているという。

そんな超野性的な2匹の「サバンナキャット」、“スシ&ツナ”を米イリノイ州のブリーダーから3万5000ドル(およそ374万円)で購入したジャスティンだが、このほど世界最大の動物愛護団体「PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)」から苦情が寄せられたようだ。

同団体が『CNN』に寄せた声明には、次のように記されている。

「ベイビー、ベイビー、ベイビー、ノー。ジャスティン・ビーバーは、地元の保護施設からネコを引き取ることで、世界中のファンに動物の命を救う大切さを呼びかけることができたはずです。しかし彼のとった行為は、ハイブリッド・キャットの需要をいたずらに煽り、動物の過剰増加の一因を作ったにすぎません。」

ジャスティンのヒット曲『Baby』の歌詞「Baby, baby, baby, no」の引用で始まる同声明は、

「今回の件で、動物救済に関するジャスティンのスタンスが『I don’t care』(どうでもいい)であることが証明されました。」

と締めくくられている。これは今年5月にジャスティンがエド・シーランとコラボした楽曲名『I Don’t Care』をあえて入れたコメントであり、ジャスティンに対する皮肉がたっぷりと込められている。

この声明にブチ切れたジャスティンは、のちに自身のInstagramストーリーで次のように反論した。

「『PETA』よ、密猟とか虐待とか、もっと身近な問題にフォーカスしたらどうなんだ? 俺がある特定の品種のネコを欲しがったから、こんな風に反応してるのかい? オスカー(昨年12月から飼っている愛犬)をゲットした時は文句を言わなかったくせに。オスカーだって保護犬じゃなかったぜ…ペットはそのすべてが保護施設から引き取られなきゃならないって言うのか? 里親制度には賛成だけど、人にはそれぞれ好みってものもある。だからこそブリーダーっていう職業が存在するんだ。」

「『PETA』は海のプラスチック汚染問題の解決に励むべきだ。俺の可愛い猫達“スシ&ツナ”のことは放っておいてくれ。」

ジャスティンの言い分にも一理あるものの、動物好きと言いつつドイツで没収されたサルをそのまま置き去りにしたり、持病のあった愛犬やハムスターを他人に譲ったりと、なんとも気分屋な“父”としての面をうかがわせるエピソードも多数あるだけに「ちゃんと責任を持って最後まで飼えるのか?」といった声もあがっているようだ。

画像は『Justin Bieber 2019年9月23日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ