九星別!2019年下半期の運勢、年末の総合運ランキング

カナウ

2019/10/5 16:30


九星別!2019年下半期の運勢、年末の総合運ランキング

こんにちは。護明です。

1年も残すところ残すところ10月から12月まで三か月となりました。

2019年下半期の運勢はどのようなものになるでしょうか?

占い師護明にとっては、

この時期から来年の運勢や次の年に向けた準備が始まる季節です。

そこで、期間をぎゅっと絞って10月から12月にかけての

「九星別!2019年下半期の運勢、年末の総合運ランキング」を書いていきたいと思います。

年の締めくくりに誰が笑うことが出来るでしょうか!

それでは1位から順に発表していきます。

ご自身の九星は下の早見表から参考にしてください。


1位 九紫火星


今年は波乱の要素が多くご苦労された方も多いかもしれません。

しかし、最後の三か月でしっかりと楽しんでください。運勢が味方してくれます。

躊躇することなく流れに乗っていきましょう。

少し尻込みすることがあるかもしれませんが失敗を恐れずに前進していきましょう。

特に11,12月に波に乗り来年につながるように!

2位 一白水星


10,11月ともに安定した運勢に守られて物事がうまく運びそうです。

クライマックスの12月も順調に進んでいきます。

ただ単に、落ち着いた日を送るのは少しもったいない気がします。

時間を有効に使い、少々無理をしても仕事もプライベートも充実させるようにすれば、

尚良い締めくくりを迎えられます。欲張りすぎくらいが丁度良いかもしれません。

3位 八白土星


10月、11月、12月と月を経ることに調子が上がってきます。

逆に言えば10月が課題の月です。

10月を無難にまとめることが出来れば流れが急激に変わってくるはずです。

少し困難なことがあっても立ち向かう勇気が必要です。

懸案事項は少し先送りするのも良いかもしれません。11月、12月で挽回可能です。

4位 二黒土星


10月、11月と流れは向いてきます。ただ、最後の12月に少し運勢が下がるのが気がかりです。

一つ一つ確実に課題をこなしていきましょう。

少し余裕がある状態で12月を迎えられればベストです。

最後の追い込みが利きにくいので、余裕あるスケジュールを組み早めに仕上げるのが今年を締めくくるコツになりそうです。

5位 三碧木星


天気予報に例えるなら曇り時々晴れ。少し晴れ間は見えますが長続きしません。

運勢もどちらに向くかわからず、どうして良いか判断に迷うことが増えるかもしれません。

逆に言えば大雨に悩まされることがないので「じっくり状況判断をする」時期にすると上手く行くかもしれません。頑張りすぎや無理のし過ぎは逆効果。少し力を抜きましょう!

6位 四緑木星


好不調の差が激しくなるでしょう。落差の大きさに振り回されないように注意が必要です。

一喜一憂していては体も心も持ちません。無理をして流れを変える必要はありません。

ジェットコースターに乗っている感覚になるかもしれませんが、恐怖心を捨て楽しんだ方が上手くいきそうです。スリルがある年後半になります。

7位 五黄土星


比較的流れがスムーズに来ていただけに後半戦で少し息切れをしそうです。

ポイントになる月は10月です。ここで余力を残して11月、12月を迎えられればベスト。

最後の2か月はかなりの消耗戦になります。

余裕を残して臨むことが出来れば、流れの荒い最後の二か月を上手に乗り越えていけそうです。

8位 七赤金星


10月から雲行きが怪しくなります。11月は要注意月。12月は少しだけ回復します。

一年の運勢が比較的好調だっただけにギャップが大きく感じられるかもしれません。

急いで元の状態に戻そうという焦りは禁物です。

じっくりと腰を据えて判断、決断は急がないように!

流れが来る12月までは少し辛抱しましょう。

9位 六白金星


少し気持ちを引き締めて臨まなければ運勢の流れに巻き込まれ思わぬスランプになります。

10月から少しずつ運勢が荒れ気味になり11月12月は油断が出来ない状況に置かれるかもしれません。

最初の処置が肝心です。少し不安定になったときに手当てが早くできれば、最小限の被害で食い止められます。そうすれば、来年に向けての巻き返しが楽になります。

おわりに


いかがでしたでしょうか?

年運とは少し違う目線で3か月予報を出してみました。

参考にして年の締めくくりを上手に過ごしていただければ幸いです。

(占い師 護明)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ