SKE48高柳明音の卒業発表に、振付師・牧野アンナやTBS竹中Pが「寂しい…」

SKE48第2期生の高柳明音(27)が10月5日にSKE48劇場で行われた「ミッドナイト公演」のなかでグループからの卒業を発表した。鳥好きなキャラクターで“ちゅり”と呼ばれて親しまれた彼女は、パフォーマンスやMCでもSKE48を牽引する存在だっただけに卒業の影響は大きい。SKE48と関わりの深い振付師の牧野アンナやTBSテレビの竹中優介プロデューサーも彼女の卒業発表を知って動揺を隠せないようだ。

高柳明音と言えば2016年、全国ツアーのある公演が終わった後にステージでジャンプする画像を見て「自分の手の曲げが甘い」と反省。翌日の公演で修正すると「見事リベンジを果たした、高柳さんをご覧ください。ヨッシャアアアア!!!!」とツイートするほどパフォーマンスにこだわりを持つ。

牧野アンナが「高柳卒業…SKEの中での彼女の在り方がとても好きだったのでSKEの高柳があと半年しか見られないのはやっぱり寂しい。でもまた新たな道を歩む彼女のこれからも楽しみだ!」と感慨深げにつぶやいたのも、そんな高柳の姿勢を思い浮かべてのことだろう。

また、TBSチャンネル1のバラエティ番組『SKE48 ZERO POSITION ~チームスパルタ!能力別アンダーバトル~』(ゼロポジ)を担当する竹中優介プロデューサーは「覚悟はしてました。でも…この卒業発表は自分にとってあまりに大きくて、寂しすぎるのです」とツイートしている。

2017年7月27日放送の『SKE48ドキュメント ゼロポジ公演の舞台裏』では、ライブステージで後輩メンバーのミスが続くことから年長組が危機感を持つなか、高柳も「SKEのことを一人ひとりが考えてやっていかないと、SKE終わっちゃうから。みんなでSKEを続けていってほしいから、1回1回のステージが一人ひとりのチャンスだし、SKEにとって今日という日が大きな1日になるから」と檄を飛ばす場面もあった。

そんな彼女の一面を見てきただけに「SKE48の魅力に引き込まれた最大の要因は、ちゅりさんの熱さに惹かれたから」という竹中プロデューサー。「最後まで悔いなく卒業してもらえるよう、ゼロポジとしても全力を尽くします。高柳明音さん、本当にお疲れ様でした」と言葉を送った。

高柳は卒業時期について「春ごろまでかな…」と話しており、その前にやりたいことが全員ライブだという。体調不良で活動休止中の松井珠理奈についても「その時はいて欲しいなと思うし、全員そろったコンサートをしたい」と願っていた。まだ、松井には体調を気遣って卒業の件を伝えておらず、落ち着いたら話すつもりだという。

ちなみに、高柳明音と現役の時から仲が良かったOGの松井玲奈は、卒業発表へのメッセージ代わりにインスタにツーショットを投稿している。卒業後は女優を目指す高柳にとって心強い先輩となりそうだ。

画像は『SKE48 ZERO POSITION〈ゼロポジ〉 2019年8月20日付Twitter「そして最後は高柳明音さんも駆けつけて、可愛いパジャマでMC3人だけのトーク企画。」』『松井玲奈 2019年10月5日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ