出川哲朗らの日常的なセクハラが判明 「そういう時代なの?」

しらべぇ




変わり続ける時代に対応するため「価値観をアップデートしていく」バラエティ番組『出川のWHY?』(テレビ朝日系)が4日深夜放送。

コミュニケーション能力テストと騙して、日常的な会話がセクハラに該当するかを出川哲朗ミキ・亜生、アンガールズ・田中卓志らで調査。驚くべきセクハラの境界線が明かされていった。

◼日常的なセクハラ


コミュニケーション能力テストのはずが『芸人セクハラ調査』と発表され困惑する出川。

女性弁護士が、会社員役の芸人が女性の後輩と接する際、セクハラ行為をしていないかを検証していく。廊下ですれ違いながら日常会話をするシチュエーションでセクハラがあれば電流が流れる仕組みだ。

亜生は「大人の女性になられた」と身体をジロジロと見つめる、「タイプです」と告白、「同じ部署の人から狙われたり…」と邪推するなどしセクハラ判定を受け、次々に電流を受ける。

出川はさらにヒドイ。「キレイになったね」と肩を叩く、身体をジロジロ見ながら「痩せた」と体型の変化を指摘、「彼氏とか出来た?」とプライベートを探るなどし電流が連発。あまりのショックに「(大便が)出るぞ」と悶え続けた。


関連記事:『サンモニ』張本勲、「女子カーリングに美人多い」発言 ネット民「セクハラ発言だぞ」

◼出川「そういう時代なの?」


セクハラ危険度マックスと判定された出川に、「職場における性的な言動で労働環境を悪化させる」というセクハラの定義が説明された。

軽いボディタッチでも完全なアウト、「そういう時代なの?」と嘆く出川にみちょぱこと池田美優は「どういうつもりで触るの?」と怒りすら滲ませる。

出川や亜生が「褒めようと必死」な点にも嫌悪感を滲ませ、「彼氏とかに言われれば別だけど上司とかに言われても『なにジロジロ見てるの?』ってなる」と女性側の意見を強調。

女性弁護士から、容姿を褒めることは「性的に見られている」と感じる可能性もあると解説された。

◼視聴者からは嘆きも…


その後も「少しでも異性として見る」「プライベートを探る」ような発言があれば、セクハラと認定されると判明。出川、田中らはセクハラで電流を食らう展開となった。

日常会話に潜むセクハラに、視聴者も「何も話せない」と本音を吐露。さまざまな意見が寄せられている。













◼女性の約5割が「セクハラと感じた」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,664名を対象に調査したところ、女性の約5割が「異性からの言動がセクハラだと感じたことがある」と回答している。



コミュニケーションの一環としての日常会話内でも、セクハラと判定される場合が多々ある。これからは不用意な発言を控え、一言一言に細心の注意を払う必要があるのかもしれない。

・合わせて読みたい→出川哲朗、初デートで言われた一言にショック 「会った瞬間に…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1664名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ