【速報】赤澤遼太郎、立石俊樹、北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶の写真を公開!

numan

2019/10/5 15:07


赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんら出演する映画『先生から』が公開中! 赤澤遼太郎さんらが登壇した公開記念舞台挨拶の写真をチラ見せしちゃいます♪
2019年10月4日(金)より公開中の映画『先生から』は、「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の3パートで構成された長編映画。
物語を彩るキャストは、赤澤遼太郎さん、立石俊樹さん、北川尚弥さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さんら。舞台を中心に活動する彼らが、映像作品で新たな一面を見せます。

2019年10月5日(土)、東京にあるユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて映画『先生から』の公開記念舞台挨拶が開催!
 (109454)

赤澤遼太郎、立石俊樹、北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶 写真1
主演である真北直史役の赤澤遼太郎さん、小宮久作役の北川尚弥さん、間宮康作役の立石俊樹さん、谷口一真役の田鶴翔吾さん、伊草順也役の小早川俊輔さん、真北健司役の吉村駿作さん、高田 泉役の伊藤歌歩さん、小宮佳奈恵役の森田亜紀さん、小宮久作役の那波隆史さんが登壇しました。

キャスト9名&監督で爆笑トーク♪


 (109459)

赤澤遼太郎、立石俊樹、北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶 写真2
映画上映を前にキャスト9名&監督が登壇してのトークが行われた舞台挨拶では、自己紹介&挨拶に続き、映画タイトルにちなみMCから『キャストの中で、“自分の先生にしたい”と思ったエピソードは?』との質問が。赤澤さんは映画内でのある衣装のシンプルな着こなしぶりから、北川さん&吉村さんをファッションのお手本として先生に、また田鶴さんからは赤澤さんのおやつの食べっぷりを暴露!?

そして小早川さんは、立石さんのある珍行動を見て「大物だ」と思ったエピソードを明かし、会場を爆笑させてくれました。
 (109456)

赤澤遼太郎、立石俊樹、北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶 写真3
ほか監督&先輩キャストからの激励トークやプレゼント抽選会と盛り上がった舞台挨拶の終盤。

マスコミによるフォトセッション中に立石さんのお腹が大きく鳴り、隣りにいた田鶴さんに「俊くん、めちゃくちゃお腹が鳴ってる!(笑)」と暴露されてしまう一幕も!? 恥ずかしがる立石さんに、登壇キャスト&客席も大爆笑となりました。
 (109460)

赤澤遼太郎、立石俊樹、北川尚弥ら映画『先生から』舞台挨拶 写真4

舞台挨拶後、囲み取材も開催!

また、舞台挨拶の後は赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さんによる囲み会見も。舞台挨拶では語りきれなかった映画の見どころや、いよいよ公開を迎えた気持ちなどを聞かせてくれました。

numanでは舞台挨拶と囲み会見の様子を取材! 
詳細なレポートは近日公開予定。少しだけお待ちください♪ 

イベント概要

映画『先生から』記念舞台挨拶&囲み会見

日付: 2019年10月5日(土)
場所: ユナイテッド・シネマアクアシティお台場

舞台挨拶登壇者:
赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔
吉村駿作、伊藤歌歩、森田亜紀、那波隆史、堀内博志監督

囲み取材登壇者:
赤澤遼太郎、北川尚弥、立石俊樹、田鶴翔吾、小早川俊輔、吉村駿作

作品概要&予告編動画


 (109408)

赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹らが出演!映画「先生から」10月4日(金)より全国順次ロードショー2
《CAST》
赤澤遼太郎 北川尚弥 立石俊樹
田鶴翔吾 小早川俊輔 吉村駿作
伊藤歌歩 森田亜紀 那波隆史

《STAFF》
エグゼクティブ・プロデューサー/股張祐二
プロデューサー/堀内博志
キャスティング・プロデューサー/名越 済
撮影/嶋根義明
録音・効果/植田 中
助監督/平波 亘
制作/小山 悟
音楽プロデューサー/平野栄二
音楽/小美野慧
主題歌 「影の世界に色を付けて」 作詞・作曲・歌:杉瀬陽子
製作 有限会社エスエルエフ
制作・配給  PERFECT WORLD
脚本・監督・編集  堀内 博志

《上映館・舞台挨拶情報》
・ユナイテッド・シネマアクアシティお台場
・京成ローザ⑩
・小田原コロナシネマワールド
・中川コロナシネマワールド
・大垣コロナシネマワールド
・シネマート心斎橋
・MOVIXあまがさき
・T・ジョイ京都(10/6のみ・one day上映))

※舞台挨拶(10月5日・6日)の詳細は、後日公式HPにてお知らせします。

《公式ホームページ》
http://senseikara.uh-oh.jp/

(C)有限会社エスエルエフ/PERFECT WORLD

映画『先生から』予告

<iframe width="480" height="270" src="https://www.youtube.com/embed/zpiQ8d_z0ow?feature=oembed" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
via
https://www.youtube.com/watch?v=zpiQ8d_z0ow&feature=youtu.be

あらすじ

—「過去の過ちをどう償うべきか、ずっと考えてきました」—

作家志望の青年・真北直史(赤澤遼太郎)は、弟子入りしている作家・小宮久作(那波隆史)から<小宮公也>を探すよう頼まれる。
久作の言葉通り、出版社に勤める文芸編集者・谷口一真(田鶴翔吾)のもとを訪ねると、新人賞の一次選考に公也の名前が残っていることが発覚。 公也が書いたのは『先生の遺言』という作品だった。
死期が近づく久作の願いを叶えようと、直史は公也の行方を追う。

そのころ、久作の妻・佳奈恵は、中学時代の教え子であり現在ホストとして働く間宮康作(立石俊樹)に<小宮公也>が借りていたアパート202号室を訪ねるように告げる。
保証人である久作に家賃滞納の連絡がきたものの、何も心当たりがないのだと言うのだ。佳奈恵は、愛人の存在を疑っていた。

そんなある日、<小宮公也>を名乗る男(小早川俊輔)が現れ、物語は大きく展開する。 やがて、久作はそれまで誰にも明かさなかったある秘密を直史へ話す。それは、若かりし頃の久作(北川尚弥)、真北健司(吉村駿作)、高田泉(伊藤歌歩)らが過ごした青春時代の話だった。

果たして<小宮公也>の正体は誰なのか?
久作の秘密は何なのか?
それぞれの「先生」が引き寄せた出会いによって、新たな物語がはじまる――。

 (109413)

赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹らが出演!映画「先生から」10月4日(金)より全国順次ロードショー

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ