スマホサイズなのに時速70km/hの風にも負けないの!? コンパクト折りたたみ傘「Senz°」を使ってみた


秋の天気は変わりやすい。

急に降ってきた大雨に加えて、強風のダブルパンチをキメられたら傘なんてもはや意味ないよね。特に風が強いとすぐ折れちゃうし、ほんと大変。

でも今回日本にやってきた「Senz°」という折りたたみ傘は、コンパクトなのに時速70km/hの強風も耐えるんだとか!?

そんな細マッチョな折りたたみ傘、一体どんな一本なんだろうか…。早速、実物を借りてきたのでご紹介します!

コンパクトなのにタフな折りたたみ傘

2
Photo:はるきち

こちらが時速70km/hの風にも耐えるという折りたたみ傘、「Senz°」。

なんだか見た目、普通じゃない?

あんまり強そうに見えないというか、耐風傘ならもっとゴツくてもいいものかと。
サイズ比較
Photo:はるきち

ちなみにiPhone 8 Plusとほとんど同じサイズ感でした。(シャツのシワは気にしないでね。)

重さは196gで、大体缶コーヒー1本分くらいの重さなのでかなり軽量。薄さはiPhoneほどではありませんが、「スマホとほぼ同じサイズ感の折りたたみ傘」というだけでコンパクトな印象が漂います。
開く②結構固い
Photo:はるきち

グッと押し込むけど、中々最後のカチッがキマらない!
形がいびつ-1
Photo:はるきち

なんとか押し込んで、開いてみるとこんな形に。

一般的な傘とは形が異なりますよね、なんだか前が短くて後ろが長い!
DSC00955
Photo:はるきち

横から見ると、流線型のフォルムが独特な味を出しています。
開いた-2
Photo:はるきち

ただ、この形はオシャレのためのデザインではないみたいなんです。

というのも、空気力学に着目した結果「前方を短く後ろは長く」とすることで、強風をうまく受け流すことができる仕組みになったそう。

頑丈さで耐えるんじゃなくて、力を無理なく受け流すってことなんですね。

つまりは柔よく剛を制す、ということかもしれません。

風にはどのくらい強いのか

DSC00975
Photo : はるきち

「俺の走りでお前を星にしてやる…」

さて、強い風を受けたときにどうなるのか、そこが一番気になりますよね。

本当は巨大扇風機を相手にしたかったんだけど用意が出来ず。

仕方なく今回は足の速さには絶対的な自信がある彼に、傘を開いた状態で走ってもらうことにしました。

意気込みは十分みたいです。

それでは、よーい…ドン!!
耐久性①
Photo:はるきち

オオッ、速い! 初速の勢いで、傘は一気にひっくり返りました!
耐久性②
Photo:はるきち

グングンと加速していく!これはまるで、白い閃光…!

しかし、そこはさすが空気力学の知見。宇宙の法則を乱すことなく、風の勢いを涼しい顔でいなしていきます!
耐久性③
Photo:はるきち

「ウオオォォオオ!!!!」
DSC00965
Photo : はるきち

Senz°「ドリャアァァァアア!!!!!」

ボルテージはクレッシェンドしていき、いよいよフォルティッシモに!

その行方は……。

結果、無傷。

宙に浮かせる
Photo:はるきち

熾烈な死闘の結果、「Senz°」は無傷。

さすがに巨大扇風機ほどの風力を再現することはできませんでしたが、突発的な強い風の「受け流し力」は小回りが効いているようにも感じられました。

また、傘がひっくり返ったってすぐに元に戻るところも好印象。

骨組みがしっかりしていながらも手を取り合ったのは「柔軟性」という、まさに生粋のバランスタイプって言えるかも。
UVカットにも
Photo:はるきち

ちなみに、撥水素材で出来ている上にUVカット傘でもあるんです。晴れの日も雨の日も対応出来ちゃうところも、やっぱり柔軟なんだよなー。

とはいえ独特な形だから持ち方に慣れは必要かもしれないけど、暴風雨相手にかなり強力な相棒となってくれそうです。

「Senz°」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、8,400円(税・送料込)から支援を募集しております。

支援の残り期間も短くなってきているので、要チェックですな!

Source : machi-ya

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ