堀田茜、パートナーに求める譲れない条件明かす

dwango.jp news

2019/10/5 14:19


本日、映画『ダウト ~嘘つきオトコは誰?~』公開記念舞台挨拶が都内で行われ、堀田茜、稲葉友、西銘駿、岩永徹也、佐伯大地、三津谷亮、藤田富、水石亜飛夢、永山たかし、久保田悠来、永江二朗監督が登壇した。



彼氏の浮気をきっかけに婚活パーティーに参加したヒロイン・桜井香菜(堀田)は、会場で出会ったハイスペック男性10人から理想の相手を見つけようとするが、そのうちの9人は嘘をついていた!嘘と恋が入り混じった新感覚恋愛ミステリー。

映画初主演を務めた堀田は「ついに公開かという気持ちですが、実はまだ実感が沸いていないんです」と正直な胸の内を明かすと「ゲームアプリが原作の作品で、ファンの方がどう感じているのか考えると緊張する部分があるのですが、楽しんでいただけると自信を持っているので、多くの人に広めてほしいです」と力強く挨拶。

商社勤務のエリート・唯川至を演じた稲葉は「みなさんに観ていただいて映画は完成すると思うので、今日ここに来ていただいたお客さんには感謝します」と述べると「一人でも多くの人に広げてほしいです」と堀田同様、口コミの力に期待していた。

印象に残っているシーンについて堀田は、ネタバレを気にしつつも「最後の結婚式のシーンは、とても幸せオーラいっぱいに撮っていただけました」と嬉しそうに語ると、パートナーとなる人に譲れない条件について「いっぱいあるのですが、笑いのツボが合う人。くだらないことでケラケラと一生笑っていたいんです」と未来の夫婦像に思いを馳せていた。

同じ質問に稲葉は「家族と仲良くできる人。そういう人って必然的に全部よさそうですよね」と持論を展開すると、西銘は「柔らかい人。声とかすべて雰囲気が……」と回答。周りから「マシュマロマンみたいな?」と突っ込まれると「いやいや」と言いつつも「そういう人いいかも」と乗っていた。

最後に堀田は「初めての主演映画ということで、撮影から今日までずっと緊張していたのですが、こうしてたくさんの人が劇場に足を運んでいただけたのを見てホッとしました」と笑顔を見せると、稲葉も「堀田茜さんの初主演映画に出演できて嬉しかったです」と語っていた。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ