EXIT兼近、執筆中の自伝小説に期待の声「かねちの言葉で書いてくれたものを読みたい!」

お笑いコンビ・EXITの2人が4日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS系)に緊急出演し、兼近大樹が週刊誌に報道された過去の真実を語った。「最初で最後」という覚悟で告白した兼近のツイッターには、「誰がなんと言おうと一生応援し続けます!!」、「がんばれかねちー! みんながついとるよ!」と1万件を超えるコメントが届いている。

今回のテレビ出演で週刊誌の報道を目にしていない人も兼近大樹の犯罪歴を知ることになり、EXITにとっては必ずしもプラスになるとは言い難い。しかし、より多くの人に“真実を伝えたい”という彼の真摯な思いに心を打たれた視聴者は少なくなかったようだ。同番組放送後、相方のりんたろー。は「過去も現在も賛も否も全部受け止めて、今を全力で日々生きていくよー」とツイート。相方がどれほど自分の過去を悔い、反省してきたかを知っているからこその言葉だろう。これからも2人はより一層芸に打ち込み、EXITの漫才に磨きをかけて欲しいものだ。

なお『EXIT 兼近(kanechi_monster)ツイッター』によると、今回の番組では伝えられない部分もあって現在、自伝的小説の執筆に取り掛かっているとのこと。「何もかもさらけ出したい」「そこには事細かく書きます」と言い、忙しい合間をぬって執筆に励んでいるようだ。

リプライ欄には「本、ぜひ出してください。かねちの言葉で書いてくれたもの、伝えたいことを読みたいです」、「兼近さんにしか出来ないこと、兼近さんだからこそ心揺さぶられること、たくさんたくさんあると思います」、「放送できない過去の事実をさらけ出すことが目的じゃなく、かねちの内面や感じてきた空気を書いてくれたらうれしい」、「執筆がんばってください。兼近大樹という男の子が歩んだ道は決して平坦ではないけれど、だからこそそこから勇気と希望を見つける人がいる! と信じています」と“小説を早く読みたい”という声が多数届いている。

画像は『EXIT 兼近 2019年10月3日付Twitter「「有吉の壁」らぶみちゃんだったしファンの方との共演「すじがねファンです」もいとおかしだったなり」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ