BRAHMAN TOSHI-LOW率いるアコースティックバンド・OAUのスペシャルライブ

TOKYO FM+

2019/10/5 14:00

小籔千豊が新MCをつとめ、“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER “Good Luck”LIVE」。9月21日(土)の放送には、6人組バンドのOAUが登場しました。


(左から)KAKUEIさん、KOHKIさん 、小籔千豊、マーティンさん、TOSHI-LOWさん 、MAKOTOさん、RONZIさん

OAUは、ハードコアバンドBRAHMANのボーカル&ギターのTOSHI-LOWさん、ギターのKOHKIさん、ベースのMAKOTOさん、ドラムスのRONZIさんに、ボーカル&バイオリンのマーティンさん、パーカッションのKAKUEIさんが加わった6人編成。ルーツ・ミュージックなどの要素を盛り込んだアコースティックサウンドによる、やさしく力強い楽曲が魅力です。今年4月にOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDからOAUにバンド名を変更し、9月4日(水)にアルバム『OAU』をリリースしています。

MCの小籔千豊が「すごいバンドと上手なバイオリンの人が出会ったということで、これも運命?」と尋ねると、TOSHI-LOWさんは「ただね、難しかったねー。俺らもロック畑で育っちゃったから」と返答。小籔が「でもその混ざりがおもしろい部分になっているんじゃないですか」と突っ込むと「最近、それがやっとできあがったのかな、と思っております」と答えます。

ライブは『OAU』に収録の「こころの花」からスタート。土着的リズムのパーカッションを軸とするアコースティックサウンドと、TOSHI-LOWさんのパワフルなボーカルが響いていきます。次の「A Better Life」は、アコースティックギターを中心とする演奏でアッパーに攻めます。

3曲目「Thank You」は、マーティンの包容力たっぷりな歌声が印象的な曲。続く「Again」はアップテンポのビートで攻め、間奏ではアコギ、ドラムス、パーカッションのソロも披露し、熱を帯びた演奏が圧巻です。


7曲を披露したOAU

後半になるとTOSHI-LOWさんが「後半戦、ガツッと盛り上がる曲行きますか!」と叫び、「Making Time」へ。高揚感にあふれた演奏とマーティンさんの英語ボーカルが圧倒的な迫力です。次の「Where have you gone」もマーティンさんがボーカルを取るバラードで、壮大に歌い上げるボーカルが聴きもの。

そして最後はTOSHI-LOWさんが「楽しめましたか? その楽しかった思いを、お家で待っている人にも伝えて下さい」と語り、「帰り道」を披露。とてもやさしいメロディーの穏やかなバラードソングで、ライブは終了しました。

終了後、小籔が「僕ちっちゃい時におばあちゃんから“男は英語と楽器やっとけよ”ってよく言われたんですよ。TOSHI-LOWさんは英語と音楽ができるわけじゃないですか。おばあの言うてることはほんまやったなと思いましたね」と独特の感想を語り、TOSHI-LOWさんは「よろしくお伝え下さい!」と照れくさそう。OAUのやさしくて力強い音楽をたっぷり味わえたライブでした。

Set List
1.こころの花
2.A Better Life
3.Thank You
4.Again
5.Making Time
6.Where have you gone
7.帰り道


<番組概要>
番組名:KIRIN BEER“Good Luck”LIVE
放送日時:毎週土曜16:00~16:55
MC:小籔千豊
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/live/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ