秋のフルーツを美味しく食べよう! リンゴ、ブドウ、柿などを使った簡単レシピ5選

E・レシピ

2019/10/5 08:00

秋は恵みの季節。豊かな食材に恵まれた秋だからこそ、美味しいものをお腹いっぱい食べたいですよね。

そこで今回は、旬のフルーツを使った簡単レシピを5つご紹介。リンゴ、ブドウ、柿、イチジクを使ったレシピが登場します。どれも初心者でも気軽に作れる料理です。

■熱々を食べたい! リンゴのホイル焼き

出典:E・レシピ

いまの時期にスーパーに行くと、さまざまな品種のリンゴが売られています。リンゴはそのまま食べても十分美味しいですが、焼いて食べても、サクサク感が残り、美味です。こちらのレシピは、リンゴに白ワイン、ハチミツ、バターをのせてホイル焼きにします。

シンプルなレシピですが、程よい酸味があり、甘すぎず、食べやすいです。デザートやおやつに最適! シナモンシュガーが苦手な場合は、なしにしても問題ありません。お好みでバニラアイスや生クリームを添えてもいいでしょう。古くなったり、傷んだリンゴを使って作ることもできますよ。熱々をお召し上がりください。

■サッパリとしていて、食後のデザートにも最適なブドウ白玉
サッパリとしていて、食後のデザートにも最適なブドウ白玉

出典:E・レシピ

食後にサッパリとしたデザートが食べたくなったら、こちらのレシピをお試しあれ! ブドウと白玉団子を組み合わせた、デザートです。

作り方は、白玉粉に水を少しずつ加えながら、耳たぶくらいの固さになるまで練り合わせます。小さめのひとくち大に丸め、たっぷりの熱湯に入れ、浮いてきたら水に取りましょう。そして、器に白玉とブドウを盛り合わせ、ブドウジュースを注いでミントの葉を飾れば完成です。

ブドウの酸味がアクセントとなった、爽やかなデザートです。パパッと作れるので、急な来客の際も、活躍してくれますよ。

■コクのある酸味がたまらない、柿のバルサミコソース
コクのある酸味がたまらない、柿のバルサミコソース

出典:E・レシピ

柿を簡単にアレンジしたかったら、こちらのレシピを試してみるといいかもしれません。バルサミコ酢ソースをかけた柿のデザートです。バルサミコ酢の酸味が柿の甘さを引き立て、一度食べるとクセになる味。

作り方はとっても簡単です。フライパンにバルサミコ酢を入れ、弱火にかけます。ひと煮たちしたら火を止め、ハチミツを加えてよく混ぜましょう。再び火にかけ、ひと煮たちしたら混ぜ、軽くトロミがついたら火を消して冷まします。柿は皮をむいてヘタを除き、6~8等分に切ってから、バルサミコ酢ソースを回しかければ出来上がりです。

■簡単なのにリッチな味わい! イチジクとチーズの前菜
簡単なのにリッチな味わい! イチジクとチーズの前菜

出典:E・レシピ

少しリッチな気分を自宅で味わいたくなったら、イチジクを使った前菜を作ってみませんか? こちらのレシピは、イチジクをカットして、食材を盛り合わせるだけなので、誰でも簡単に作れます。仕上げにお好みでミントの葉を飾りましょう。

甘い果物としょっぱい食材の相性はバツグン! マスカルポーネチーズと生ハムがイチジクの甘みを引き出してくれます。バルサミコ酢が隠し味となり、サッパリと食べられるのも◎。前菜としてだけではなく、ワインやビールのおつまみとしても最適。美味しくオシャレに食卓を彩ってくれる一品です。

■トロリと柔らかい、リンゴのホットサンド
トロリと柔らかい、リンゴのホットサンド

出典:E・レシピ

リンゴはじっくり蒸し焼きにすることで、トロトロになります。そのトロ~リ食感を思う存分、堪能できるのが、こちらのラムレーズン風味のリンゴのホットサンドです。クリームチーズとラムレーズン、リンゴがサンドされていて、食べ応えがあります。食事としてはもちろん、デザート感覚で食べることもできますよ。

リンゴがトロリと柔らかく、一度食べると、やみつきに! 何度も作りたくなるレシピです。アルコールが苦手な場合は、ラム酒の代わりに水でレーズンをふやかしてくださいね。お好みでシナモンシュガーを振って、サンドするのもいいでしょう。

秋の果物の美味しさを堪能したいのなら、少しだけアレンジを加えるのもオススメ。普段とは違った味わいを楽しめます。今回、ご紹介したレシピは、どれも簡単に作れますので、家族やお子さんと一緒にワイワイしながら作るのもいいでしょう。

(木下あやみ)

当記事はE・レシピの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ