iPhone 11でバーストモードが使えません!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ


現在スマートフォンでもっとも注目を集める機能といえば、「カメラ」。解像度やレンズの明るさといった基本性能はもちろんのこと、広い範囲を1枚に収めるほか自撮りにも便利な広角撮影、暗所や逆光でうまく撮影するための機能など、いろいろな要素が追加されています。

一方、操作性の見直しも行われています。iPhone 11シリーズの新機能「QuickTake(クイックテイク)」はその1つで、写真撮影モードから一瞬でビデオ撮影モードへ移行できます。操作はかんたん、シャッターボタンを長押しするだけ。シャッターボタンから指を離せばビデオ撮影は終了です。

つまり、iPhone 11シリーズではシャッターボタンをワンタップで写真撮影、長押しで(押した時間のぶんだけ)ビデオ撮影に使い分けます。ロック画面から起動した場合やFaceTimeカメラ(インカメラ)使用時も、操作方法は同じです。

シャッターボタンを長押し後に右方向へスワイプすると、シャッターボタンは右端へ移動し、指を離しても撮影を続行できるようになります(赤い四角のタップで停止)。移動したシャッターボタンをタップすれば、ビデオ撮影中にも写真撮影できるところがポイントです。

ところで、従来のiPhoneはシャッターボタン長押しはバースト(連写)モード開始に割り当てられていましたが、QuickTakeを導入したiPhone 11シリーズでは、それが「シャッターボタンを左スワイプ」に変更されています。バーストモードが使えなくなったわけではないので、早く新しい操作方法に慣れましょう。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ