反応にめちゃくちゃ困るクソリプ〇選

カナウ

2019/10/5 07:30


反応にめちゃくちゃ困るクソリプ〇選

TwitterなどのSNSでは自由に自分の考えを発信できますよね。しかし反応に困るクソリプをしてくる人もいます。どんな返事やコメントをクソリプというのでしょうか? 具体的なものをまとめました。

クソリプとは?


クソリプとは、Twitterでリプライ返信.をする中でも発言者の意に反して、暴言や罵倒、見当違いな意見など、不愉快にさせるようなコメントの内容のことです。「クソ」と「リプライ」を合わせた造語です。

反応にめちゃくちゃ困るクソリプ



クソリプと言われる内容にはいくつか分類があります。

例えばこのようなTwitterを発信したとします。

元になるTwitterの発言「本当に育児もしんどいし、たまに母親業をお休すみしたくなるよ…」

もしこのような発言をした場合、クソリプにはどんな物が来る可能性があるのでしょうか?

自己顕示欲を満たしたい系

元になっているTwitterからどんな話題でも自分の話に転換させていくスタイルのクソリプです。元の発言者に関連する内容というよりも、自分の発言に注目して褒めて認めてほしいと思えるような内容が多いです。

1.自分語り型


「私も子どもが3人いますが、すごく育児頑張っています」

自分の話に転換していく傾向のあるクソリプです。

2.知識自慢型


「育児ストレスに効果的な解消法で、とある調査によると『食事に行く』が第一位、第二位は『スイーツやお菓子を食べる』ことだそうですよ。」

知識を自慢することによって、褒めるなどのコメントを待っているクソリプです。

3.知っていた型


「いやいや、生む前から育児が大変だってわかっていたでしょ。私なんか~」

発言者の悩みなんてずっと前からわかっていたことを誇示したいクソリプです。

解釈が誤っている系

元となるTwitterの発言の解釈が間違っていることに気づいていないクソリプのことを指します。前後の文章の流れなどから、文脈を読み取ることができません。

1.真面目にレス型


「あなたは母親という言葉の定義を正しく理解していないようですね。そもそも母親とは~」と、Twitterの投稿に対して求めていないような返事を真面目にしてしまうクソリプです。

2.理解力がない型


「育児をしている母親のことを馬鹿にしているのか?失礼極まりない発言ですな」

何を言っているのか、よくわからない理解力の低いクソリプです。

何かと文句をつけたい系

クソリプの中には何かと難癖をつけたい人もいます。元となる投稿主のことを傷つけて、ストレス発散しているのかもしれません。

1.不謹慎型


「母親業をバカにしていますね。不謹慎です」といった何かにつけて不謹慎だと言いたがるクソリプもあります。

2.校正型


「『お休すみ』の送り仮名が間違っています。正しくは『お休み』です」と送り仮名など、誤字脱字ばかりを指摘するクソリプもあります。投稿前に一度送り仮名などの誤字脱字を確認してから投稿するほうが良さそうですが、スルーしてほしいですよね。

相手のことを考えていない場合が多い


クソリプをする人の多くは、元となるTwitterの発信者の気持ちを考えているものではなく、自分の発言に注目してほしい、自己顕示欲を満たしたいなどの理由からクソリプを繰り返しています。

 

心ないクソリプに傷ついて病んでしまう人もいますが、特に反応せず無視やブロック、削除するなどして対応する方が良さそうです。

顔が見えないSNSの世界だからこそ相手に配慮してコメントしたいですね。

番長みるく/ライター.

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ