波田陽区、ブレイク当時の“桁違いの飲食代”にスタジオ騒然

しらべぇ

2019/10/5 07:00

(画像は波田陽区公式Twitterのスクリーンショット)
「ギター侍」のネタで一世を風靡した波田陽区が、3日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演。ブレイク時の最高月収を公表するとともに、当時の羽振りの良い暮らしぶりを明かした。

■最高月収は2,800万円


「一発屋芸人たちを最高月収が高い順に並べ替える」という企画の中で、ブレイク当時の最高月収が2,800万円であることを公表した波田。同じく「着ボイス世代」である長州小力も、全盛期は最高で月2,000万円の収入を得ていたという。

次いで「ラッスンゴレライ」でブレイクした8.6秒バズーカーは1,000万円、「あったかいんだからぁ~」のクマクシは800万円、コウメ太夫は400万円と最高月収を公表した。


関連記事:波田陽区がギター侍で稼いだ「最高月収」 ヤバすぎると話題に

■1回の食事代「20万とか」


波田は、当時の収入について「本とかCDとかDVDとか全部の印税を合わせてこれなので」と分析し、「腰が抜けるくらいびっくりしました」と回顧。

同じ事務所のクマムシの2人によれば、「事務所にでっかい波田さんの写真が飾ってある」という。

また、当時は周囲から「石油王」とも呼ばれていたそうで、「毎日周りの芸人を連れて、お寿司とか、高級中華とか食べてました」「(1回の食事代は)高いときで20万円とか…」とも明かし、スタジオでは驚きの声が上がった。

■視聴者からも驚きの声


波田をはじめとする「一発屋芸人」たちの最高月収に、視聴者からも驚きの声が続出。







中には、「それだけ売れるのはすごい…」と尊敬の言葉をつぶやく人も。

■約4割「一発屋は成功者だと思う」


一世を風靡し、山あり谷ありな芸能人性を送る「一発屋」と呼ばれる芸能人たち。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,357名を対象に実施した調査では、全体で40.9%の人が「一発屋は成功者だと思う」と回答している。



「一発屋」とは様々な印象を持たれる言葉だが、一度でもその才能を開花させることができた人を「成功者」であると考える人は多いようだ。

・合わせて読みたい→『R−1』優勝・中山功太の転落ぶりに衝撃 「月収22円」「借金500万円」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ