奥田民生、20年分のRSRパフォーマンス収録の映像集&収録曲発表!

UtaTen

2019/10/4 18:00



奥田民生35歳から54歳のライブ映像を集結


12/4(水)発売、奥田民生のライブ記録映像集「RISING SUN OT FESTIVAL 2000-2019」収録曲が発表された。

この作品は、RISING SUN ROCK FESTIVAL(以下“RSR”)初参加の2000年から20年の間に、ソロ・バンド・ユニットなど様々な形で出演した奥田民生35歳から54歳のライブ映像を集めたものだ。

収録内容について


本編映像となるDisc1には、当時から変わらぬ奥田民生らしいロックなライブ映像が中心で、奥田民生ソロの他にTHE BAND HAS NO NAME(奥田民生・SPARKS GO GO・松浦善博)や、サンフジンズ(奥田民生・岸田繁・伊藤大地)、そして再結成後のユニコーンの映像も収録。

最後は、2005年・2006年・2013年・2018年の「さすらい」ライブ映像メドレーで締めくくられる。

特典映像を収録したDisc2は、RSRでしか見ることのできない貴重な組み合わせのステージ映像が満載で、Char・奥田民生・山崎まさよしによるボーカル&ギターユニット“SAMURAI”(2003年・2004年)、“三人の侍”(2006年)が、2011年には斉藤和義を加えた“四人の侍”となって収録。

ほか、2017年は、その年の3月に逝去したムッシュかまやつ氏を追悼したステージ「Song for ムッシュかまやつ=LIFE IS GROOVE」から3曲をメドレーで収録、さらに東京スカパラダイスオーケストラとの「美しく燃える森」は、楽曲発売当時の2002年と、その16年後=2018年のパフォーマンスを収録。

また最新映像として、2019年のRSRで行われた出張レコーディング企画“ホッカイカンタビレ”の模様。豪華19名のゲストアーティストを迎えての、新曲「ライジングサン」完成までの模様が収録される。

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ