『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』舞台オリジナルキャラクターのアカバネ・ディビジョンが解禁

SPICE

2019/10/4 18:57



2019年11月15日(金)~12月1日(日) 品川プリンスホテル ステラボールにて上演される『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-。本公演に出演する、舞台オリジナルキャラクターが解禁された。

音楽原作キャラクターラッププロジェクトを舞台化した本作。オリジナルキャラクターとして登場するのは、アカバネ・ディビジョン“North Bastard”だ。表向きはサラリーマン、裏ではアカバネ・ディビジョンの不良たちで構成された一大組織のボス・堂庵和聖役を岸本勇太、阿部顕嵐演じる碧棺左馬刻のことを憎んでおり、詐欺師でもある狐久里梁山役を南部海人、元は軍の研究員で堂庵の右腕・蛇穴健栄役を松浦司がそれぞれ演じる。
アカバネ・ディビジョン (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage 製作委員会
アカバネ・ディビジョン (C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage 製作委員会

また、本公演には舞台ならではの注目部分として、豪華なダンサーも登場する。ディビジョン・ダンス・バトル“D.D.B”と称し、Toyotaka、RYO、gash!、SHINSUKE、HILOMU、Dolton、KENTA、GeNらダンサーが脇を固めることも決定した。世界タイトル保持者やシルク・ドゥ・ソレイユ登録ダンサーたちが、世界レベルのストリートダンスを武器に華やかなパフォーマンスでステージを彩る。

イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”やヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”とどのような関わりがあるのか、Rule the Stage -track.1-のみどころの一つとなるので楽しみにしておこう。
【ヒプノシスマイクとは】
H 歴 武力による戦争は根絶された…
争いは武力ではなく人の精神に干渉する特殊なマイクにとって代わった。
その名も【ヒプノシスマイク】
このマイクを通したリリックは人の交感神経、副交感神経等に作用し、様々な状態にすることが可能になる。
人々はラップを使い、優劣を決する。
男性は中王区外のイケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、シンジュク・ディビジョン等の区画で生活をすることになる。各ディビジョン代表の MC グループがバトルをし、勝った地区は決められた分の領土を獲得することができる。
兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で今、男たちの威信をかけたテリトリーバトルが始まる。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ