ヒプステにアカバネ・ディビジョン登場!『ヒプノシスマイク』岸本勇太らが舞台オリキャラに

エンタステージ

2019/10/4 18:00


013122.jpg

音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(通称:ヒプマイ)の舞台化第1弾『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-。発表時、大きな話題となった本作(通称:ヒプステ)に舞台オリジナルキャラクターとしてアカバネ・ディビジョン「North Bastard(ノース バスタード)が登場することが分かった。演じるのは、配役が伏せられていた岸本勇太、南部海人、松浦司の3名。

013122_2.jpg

気になるのは、その役どころ。岸本が演じるのは、表向きはサラリーマン、裏ではアカバネ・ディビジョンの不良達で作られた一大組織のボス堂庵和聖(どうあんかずさと)役。南部が演じるのは、碧棺左馬刻(あおひつぎさまとき)のことを憎んでおり詐欺師である狐久里梁山(こくりりょうざん)役。松浦が演じるのは、元は軍の研究員で堂庵の右腕・蛇穴健栄(さらぎけんえい)役という設定。

イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!(バスターブロス)」(山田一郎役:高野洸、山田二郎役:松田昇大、山田三郎役:秋嶋隆斗)や、ヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW(マッド トリガー クルー)」(碧棺左馬刻役:阿部顕嵐、入間銃兎役:水江建太、毒島メイソン理鶯役:バーンズ勇気)と、どのような関わりがあるのか注目だ。

そして、脇を固めるダンサー陣には、Toyotaka、RYO、gash!、SHINSUKE HILOMU、Dolton、KENTA、GeNが名を連ねた。世界タイトル保持者やシルク・ドゥ・ソレイユ登録ダンサーなど、世界レベルの猛者たちが集結し、ディビジョン・ダンス・バトル「D.D.B」と称したハイクオリティなダンスで舞台を盛り上げる。

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-は、11月15日(金)から12月1日(日)まで東京・品川プリンスホテル ステラボールにて上演される。チケットは、11月2日(土)10:00より一般発売開始。

【公式サイト】https://hypnosismic-stage.com/
【公式Twitter】@hm_rtstage

(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage 製作委員会

 

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ