ロバート・デ・ニーロ、元女性スタッフにセクハラで対抗訴訟を起こされる

横領などの事実があったとして、自身の経営する会社の元女性スタッフを提訴していた俳優ロバート・デ・ニーロが、今度は同女性にセクハラなどで対抗訴訟を起こされたことが明らかになった。

今年8月、自身の経営する「Canal Productions」の元スタッフ、グラハム・チェイス・ロビンソンさんに対し、勤務態度不良や横領の事実があったとして600万ドル(約6億4000万円)の損害賠償を求め提訴していた俳優のロバート・デ・ニーロ(76)。

しかし現地時間3日、今度はグラハムさん側が雇用期間中にセクハラ行為などがあったとしてロバートと「Canal Productions」に対し1200万ドル(約12億8000万円)を求め、マンハッタンの連邦地方裁判所で対抗訴訟を起こしたことが明らかになった。同所に提出された訴状には、

「ロバート・デ・ニーロ氏は、男性が女性を平等に扱うべきだという考えに反対なのです。職場における性差別が違法であることも無視しています。ロビンソンさんは、このような考えを持った氏の犠牲者です。」

と記されているほか、背中のかゆい箇所をかいたり、シャツのボタンを掛ける、ネクタイをしめるといった行為をグラハムさんに強要したこと、グラハムさんが無報酬で掃除や洗濯といった家事をさせられていたこと、ロバートの友人がロビンソンさんの臀部をはたいた際も傍観していただけだったこと、さらにはロビンソンさんや他の女性ビジネスパートナーを卑猥な単語で呼んでいたことなどが記載されている。

またグラハムさんとの通話中にトイレで用を足したり、パジャマにバスローブといった姿でグラハムさんに会っていたこと、さらにロバートが誰もいないアパートやホテルで2人きりで会おうとしたことなど仰天の事実が微に入り細に入り記されているようだ。

このような扱いに我慢し続けたグラハムさんはやがて体調を崩し、不眠や鬱といった症状を発症、今年4月にとうとう退職に至った。グラハムさんは弁護士を通じて訴訟も辞さない意向であることをロバートに伝えたところ、ロバート側は先手を打ち、グラハムさんを相手取って600万ドル(約6億4000万円)の訴訟を起こしたのであった。

ロバート側が8月にニューヨーク州高位裁判所に提出された書類によれば、グラハムさんはこれまでオフィスに出社することはめったになく、稀に出社しても勤務時間内にNetflixでドラマ『フレンズ』を4日間で55話も視聴し続けるなど怠慢な態度が続いていたという。また個人的な旅行でのホテルの宿泊やレストランでの飲食にロバートのマイレージを無断で使用したり、タクシーでの移動や高級ブランドバッグなど私物の買い物の精算に会社のクレジットカードを頻繁に使用していことが記されている。

具体的にはニューヨークの某高級レストランでの2年間にわたる飲食代が約136万円、高級スーパーマーケットでの買い物に約95万円、ウーバーやタクシーでの移動に約340万円をつぎ込んでいたそうだ。ちなみに今年4月に退職した際のグラハムさんの年俸は30万ドル(約3200万円)だったという。

グラハムさんはロバート側の言い分を否定しており、このようないわれのない事実が拡散されたことにより名誉が傷つけられたほか、雇用機会も奪われてしまったと述べている。職場での性差別やパワハラの事実に対し、「Canal Productions」を相手取り1200万ドル(約12億8000万円)の損害賠償を求めている。

元女性スタッフとの泥沼バトルが繰り広げられそうな予感のロバート・デ・ニーロ、今後も引き続き動向に注目したい。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ