顔面タトゥーのアーロン・カーター 「もっと大きく」の希望に施術者は断っていた

先月末、顔面に巨大なタトゥーを彫り入れて世間を仰天させたアーロン・カーター(31)。このほど彼のタトゥーを施術したアーティストが芸能情報サイト『TMZ』のインタビューに応じ、実はアーロンが「もっと大きなタトゥーにしたがっていた」ことを明かした。

「バックストリート・ボーイズ」の一番人気だったニック・カーター(39)の弟アーロン・カーターが、顔の左側に巨大なタトゥーを入れたことを報告したのは、先月末のことだった。

アーロンが公開した写真には、ギリシャ神話に登場するメドゥーサをイメージした大きなタトゥーが縦はおでこから首まで、横は左目尻から耳の付け根にかけて広がっており、左目の下には“Love”の文字がはっきりと刻まれている。

この仰天タトゥーには、

「アーロン、正気なの?」

「これが“フェイクタトゥー”であることを祈ってる」

「こんなことまでして世間の気を引きたいなんて悲しすぎる。」

など、彼を心配する声が多数寄せられていた。

そんななか、彼のタトゥーを施術したアーティスト、ハーシェルさん(Herchell L Carrasco)が『TMZ』のインタビューに応じ、その時の様子を明かした。当初3000ドル(約32万円)でタトゥーの施術を請け負ったハーシェルさんは、先月27日にアーロンの自宅を訪問。しかしアーロンが顔への施術を希望したことは寝耳に水だったそうだ。

過去にセレブの顔面にタトゥーを施術したことのあるハーシェルさんに、アーロンは顔面中央にメドゥーサのタトゥーを入れるよう注文。これにハーシェルさんは中央ではなく側面に入れるよう、なんとか説得したという。

そして顔の左側に大きなタトゥーが彫り入れられたのだが、アーロンはそれでは飽き足らず、より大きなタトゥーを入れるよう要請したそうだ。しかしハーシェルさんは、

「彼にこれ以上はやめるよう伝えなければなりませんでした。彼の顔全体をタトゥーで覆うことは、僕にはどうしても出来なかったのです。」

とその時の心境を告白している。結局その日は顔の左側にメドゥーサと“Love”の文字を、そして右側に三日月のタトゥーを入れて終了、アーロンからは5000ドル(約53万円)の報酬を受け取ったそうだ。

アーロンは先月、テレビ番組『The Doctors』に出演し、自身が多重人格障害、統合失調症、重度の不安症、双極性障害を患っていることを明かしたほか、2017年にリハビリ施設に入所した時、兄ニックが「電話1本よこさなかった」「一度も会いに来なかった」と兄との確執を吐露。その後ニックがアーロンに対して接近禁止命令を申し立てるなど、アーロンの身辺はかなりザワついていた。

ハーシェルさんは、そんなアーロンがタトゥーを入れた日の状態を振り返り「彼は終始落ち着いていた」「タバコとマリファナ以外、ドラッグの使用はなかった」と明かしているが、この巨大なフェイスタトゥーには

「誰か、アーロンを助けてあげて!」

「一日も早く医者に診てもらったほうがいい」

と彼の精神状態を懸念する声が多数あがっている。

画像は『NEW SINGLE OUT Now! 2019年3月1日付Instagram「We all go though ups and downs in our lives.」』『Hershel L Carrasco 2019年9月28日付Instagram「Famous BEFORE the Internet」「Hardest Face Tat in the Game?」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ