えなりかずきが殺される?ピン子と「共演NG」報道で「渡鬼」ファンが心配の声

アサジョ

2019/10/4 15:25


 10月3日発売の「週刊文春」にて、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)の脚本家・橋田寿賀子が、えなりかずきと泉ピン子の共演NGを告白した。記事によると、同ドラマで2人が共演したのは、2015年の放送が最後だという。

「文春の取材に答えた橋田氏によると、えなりはピン子と共演すると発疹が出たり、おかしくなってしまうそう。そして『(共演NGに関して)私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。そういう申し出をすること自体、私は頭にくる』『アホみたいな話ですよ。役者がケンカしてるから、書けないって』と怒りを滲ませました」(テレビ誌記者)

そんな橋田氏は、9月の「週刊女性」のコラム内でも、共演NGの話題を取り上げており、「母親と長男とその嫁という、一番ドラマになる三角関係が描けなくなる」「どうにかして会わせないように頑張り、さらにドラマとして成立させなければならない」と、脚本制作における苦労も明かしている。

このような状況から、一部ドラマファンからは心配の声があがっているという。

「過去のインタビューにて、橋田氏が『嫌いな役者は作中で出張させたり、死なせたりしていました』と、発言したことがあるようです。現に、これまで数々の役者が、本編では特に何も語られないまま、死亡扱いとなっています。そのため、視聴者からは『このままだと、えなりくんも続編では死んだことにされてしまうのではないか?』と心配の声が飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

えなりは「渡鬼」において重要人物なだけに、なんとか生き残ってほしいものだが。

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ