福原遥、スイス生活に憧れ「ヤギと戯れるのが好きなので」


女優の福原遥が4日、都内で行われた日本証券業協会のスペシャルイベント「100年大学 投資はじめて学部 特別講座」に、フリーアナウンサーの宇垣美里と共に登場し、自身の人生プランについて語った。

10月4日“証券投資の日”に開催された同イベントは、“人生100年時代”を見据えて、これからのお金との向き合い方や証券投資について学び考えることを目的とした『100年大学 投資はじめて学部』の一環。イベントでは、自身が考えるライフプランをそれぞれ発表した。

福原は女優業について「今はお仕事が楽しいので続けられればずっと続けていきたい」と話し、50~60代でも「続けたい」と意欲。プライベートでは「ずっと家族に家を建てたいなと思っていて、田舎に家族が住めるような大きな家を建ててみんなでゆっくり暮らしたい」という願望があるそうで、「(家族は)すごく仲良しです」と話した。

結婚・出産願望も告白。「素敵な家庭を築きたいなと昔から思っているので、温かい家庭を築けるように…」「(子供は)大好きです。楽しそうだなと」と笑顔で話し、「時期は全然決まっていないんですけど。いつか」と加えた。また、40~50代で「世界一周してみたい」という夢も明かし、「プライベートで海外に旅行に行ったことがなくて、いつか海外を飛び回りたい」と笑った。

60代以降は「1回都会から外れて、自然がいっぱいな田舎とかに行ってゆっくりのびのび暮らしたいなと思うので、そこに家を建てられたら」というプランで、「京都がすごく好きでプライベートでもよく行くので、京都とか鎌倉とか。海外だったら撮影で1回行ったロサンゼルスとか、スイスはヤギと戯れたりとかするのが好きなので憧れが…妄想で楽しそうだなと」と語った。

そして、「自身の人生をひと言で表すと?」と聞かれると、「家族だったり友達だったり、愛ってすごい大切だなと思うので、愛情、愛を大切にする人生にしたいなと思っています」と照れながら話した。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ