前澤友作、新会社「スタートトゥデイ」設立 代表取締役社長に就任

モデルプレス

2019/10/4 14:28

【モデルプレス=2019/10/04】ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの代表取締役社長を退任した前澤友作氏が3日、自身のTwitterを更新。新会社「株式会社スタートトゥデイ」を設立し、代表取締役社長に就任したことを報告した。

◆前澤友作、新会社・新生「スタートトゥデイ」を設立



前澤氏は「【ご報告】」と題し「私 前澤友作は、9月12日にZOZO社を辞任し、その直後に新会社『株式会社スタートトゥデイ』を設立し代表取締役社長に就任しました」と発表。

そして続けて「まだ一人も社員はいませんが、今後このスタートトゥデイ社を通し、またゼロから新事業を起こしていく予定です。どうぞよろしくお願いします」と意気込んだ。

◆前澤友作、新会社名「スタートトゥデイ」への思い入れを語る



前澤氏の新しい会社名である“スタートトゥデイ”は、1998年に創業し、2018年10月に「株式会社ZOZO」に変更されるまで使用されていた“ZOZO”の前社名。

前澤氏は、9月12日に行われた退任会見でも、自身が描いた「Let’s Start Today」の文字が入ったTシャツ姿で登場。

このTシャツを着用した真意を問われると、目に涙を浮かべながら「Let’s Start Today。直訳すると“今日から始めようよ”となります。前の社名が『スタート・トゥデイ』ということで、長年お世話になりました」と創業当時の社名に思いを馳せた。

そして続けて「毎日毎日が始まりで、毎日毎日を大切に仲間とともに楽しく働き、人のため社会のお役に立とうと、ずっと21年やってきました。ただ、ここに来て別々の道を歩くことになりましたが、ZOZO社にとっても『スタート・トゥデイ』という名前は非常に大切な名前ですし、僕にとってもとても大切な名前です」と、時折言葉を詰まらせながら紹介。

そのうえで「“毎日が始まり”というとっても大事なこと、シンプルなことですけど、この考え方をもとにこれからもお互いに一歩一歩楽しい人生を頑張って生きていけたらいいなと思ってこのTシャツを着てきました」と明かしていた。

◆前澤友作「ZOZO」社長を退任



9月12日、ZOZOは前澤氏の退任、取締役の澤田宏太郎氏が代表取締役社長兼CEOに就任することを、及びヤフー株式会社との間では資本業務提携契約を締結したことを発表。

ヤフーとの具体的な業務提携内容としては、PayPayの導入など。中高年の利用者が多いヤフーと若年齢利用者が多いZOZOが提携することによる補完効果を期待し、集客と決済の両軸を大きく強化することを目的とするという。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ