深夜にスマホが突然の発熱 「恐ろしい画面」からまさかの展開に

しらべぇ

2019/10/4 14:00

(torwai/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
我々の生活に欠かせない存在のスマホだが、機械である以上、一定の割合で故障する。そして、その結果、怖い思いをしてしまう人も。

恋愛マスターとして人気を集めるタレント・くじら(44)の妻で、ブロガーの佐々木かいさん(30)のブログ記事が注目を集めている。

■深夜3時、スマホの画面に驚愕


3日、かいさんは「壊れた携帯」とのタイトルでブログを更新。スマホが故障したことを明かすとともに、その壊れ方が「それはそれは恐ろしかった」と綴る。

異変に気付いたのは深夜3時。ふと目が覚め、「今何時だろう?」とスマホを手にしたところ、あまりの熱さに「熱っッッ」と飛び起きたのだ。慌ててメガネをかけて確認したところ、真っ黒な画面に「高熱注意」とだけ書いてあるという「なんとも暗闇で見たら恐ろしい画面」が出ていた。


関連記事:「ネットしてる時が一番落ち着きます」世代間調査で見えた若者とネットの密な関係性

■冷まし続け朝に


そして、そのときには「火傷するんじゃないか」と思うほどスマホは熱を帯びており、手に持つこともできず。この緊急事態に、かいさんはまず一緒に寝ている愛犬の安全を確保するためゲージにイン。サーキュレーターの風で冷ますことに。

しかし、いくら風を当ててもスマホはなかなか冷めず、だいぶ熱を失って寝られたのは朝になってからだったそうだ。

起床後、タブレットで故障時の対応を検索したところ、かいさんの応急処置は正しかったことがわかったそうだが、結局、スマホの電源は入らないまま。つまり、故障してしまったそうだ。

■3人に1人「スマホないとダメ」


のちに更新したブログによれば、充電しながら寝たり、色々なアプリを開いたままにしていたワケでもなく、かいさんにとっては「ただただ原因不明の故障」だったと言う。そして、ブロガーとして活動していることもあり、スマホがないのは非常に困ることだったようだ。

ちなみに、しらべぇ編集部が以前、全国10代~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の34.5%が「スマホがないと生きていけないと思う」と回答している。



性年代別では、かいさんが該当する30代女性は53.6%が該当。もっとも、少し前まで当てはまった20代女性が69.0%と高い割合に。

発火事故なども報告されている、スマホの発熱。故障はしてしまったようだが、火事などにならなかったのは不幸中の幸いと言うべきか。

・合わせて読みたい→スマホ操作も影響か? 布団に入っても寝付けない人は女性に多い傾向も

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ