スタバ新作は2種の妖しげなハロウィンビバレッジ - テーマは「仮面舞踏会」


スターバックス コーヒー ジャパンは10月11日より、2019年スターバックス ハロウィンをスタートする。

今年は「マスカレード(仮面舞踏会)」をテーマに、2つの新作ハロウィンビバレッジ「ハロウィン レッド ナイト フラペチーノ」、「ハロウィン マスカレード ラズベリー モカ」を全国のスターバックス店舗にて販売開始する(一部店舗を除く)。

「ハロウィン レッド ナイト フラペチーノ」は、マスカレードパーティーの世界に誘われるような、真っ赤で妖しげな見た目が最大の特長。

真っ赤な演出を盛り上げるのは、ラズベリー、クランベリー、ストロベリーを使った甘酸っぱいレッドベリーソース。ホワイトチョコレートブラウニーをブレンドしたフラペチーノを、レッドベリーソースが滴るように流し込んだカップへ注ぎ、トッピングのホイップクリームの上に真っ黒なココアパウダーと真っ赤なレッドベリーソースを飾りつけ、ハロウィン気分満載の妖しげな雰囲気をまとった一杯へと仕上げている。

「ハロウィン マスカレード ラズベリー モカ」は、スターバックスの「ホワイト モカ」が好きな方に特にオススメのエスプレッソビバレッジ。甘酸っぱいミックスベリーが優しく溶け合い、エスプレッソショットの風味をほのかに感じる、魅惑的なホワイトモカとなっている。

両商品とも、販売期間は10月31日まで。

そして、10月18日の“日の入り時刻”には、ハロウィン気分を最高潮に盛り上げる、「夜の仮面舞踏会」をテーマにしたビバレッジなども登場予定とのこと。

※価格はすべて税別

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ