伊織もえがTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』出演【ミニインタビュー&写真11枚】


コスプレイヤーの伊織もえが、9月30日に放送されたTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』に出演。伊織は「コミックシーモア presents みんなが選ぶ!電子コミック大賞 2020」のスペシャルナビゲーターとして、同ラジオのメインパーソナリティを担当する赤江珠緒と、月曜日のパートナーを務めるお笑いタレントのカンニング竹山と共に「電子コミック大賞2020」に関連した作品を紹介した。

土曜20:30から、TBSラジオにて放送中の『ジェットラン・テクノロジーズ presents いちごとレモンとマスカット ~伊織もえとAIによるお悩み相談番組~』のメインパーソナリティを務めている伊織。ラジオを聞く機会があまり無かったとのことだが、番組パーソナリティを務めることがキッカケで、いくつかの番組を友人の勧めによって聴くように。

中でも、赤江珠緒がメインパーソナリティを務める『赤江珠緒 たまむすび』を聴いたことにより、ラジオパーソナリティという仕事に敬意と憧れが芽生えたという。『赤江珠緒 たまむすび』の出演が決まった際には、喜びのあまり踊ってしまうほどだったそうだ。今回はそんな伊織もえのミニインタビューが到着した。

○伊織もえインタビュー

――「電子コミック大賞 2020」のスペシャルナビゲーターとのことですが、漫画は好きですか?

はい、漫画は凄く好きです。Kindleという電子書籍のアプリにも2,000冊も漫画やラノベが入っています。今も徐々に増えていて、今年中に2,500冊から3,000冊は読みたいなと思っています。よく海外に行くので、飛行機の中や移動中とかホテルで読んでいます

――赤江珠緒さんのラジオを良く聞いているとのことですが、魅力は何ですか?

例えばなのですが、レストランで友人とお喋りしている時間ってとても楽しいじゃないですか。赤江珠緒さんのラジオでは月曜から金曜まで毎日別の方がパートナーとしていらっしゃって、それが目の前で会話している友人ふたりという感じで、すごいリラックして聴けるんです。ひとりでいる時間でも、目の前でふたりが楽しそうにおしゃべりしてる気がして、気持ちがパッと明るくなります。

――ラジオのパーソナリティを務めるようになってから、何か変わりましたか?

いろんなことを考える時間が増えました。今までは遊びに出かけて楽しいときも、「楽しかったな~~」で終わっていたのですが、その時にあった出来事を覚えるようになって「ラジオを聞いてくれているみんなにお話ししよう!」って思うようになりました。あとは、「ラジオで流したい曲はなんだろうな~」って新しい曲をどんどん聴くようになりました。今までは同じ曲をリピートすることが多かったので、変化のひとつだと思います。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ