福原遥、「家族に家を建てることが夢」 結婚への憧れもチラリ

しらべぇ

2019/10/4 12:30




女優の福原遥、フリーアナウンサーの宇垣美里が4日都内で行なわれた「100年大学 投資はじめて学部 特別講座」に登場。自身のライフプランや証券投資について語った。

■イメージが変わった


福原は白、そして宇垣は赤の衣装で「縁起良く」登場。



ラジオ番組で投資について学んでいる2人だが、「100年という長い時間の中で、若いうちにちゃんと将来のプランを立てることは大切なんだな」「当初は難しいのかなって思ってましたが、いろいろ学ばせていただきました」とイメージが変わってきたよう。

宇垣は「今年4月からフリーになって現実的に人生プランを考えていく必要があると考えていましたので、いいタイミングだったなって思います」と微笑む。


関連記事:『ダウンタウンなう』松本人志、宇垣美里にキレる 「俺をナメてんのか?」

■福原遥は「家族愛」が大事


人生100年時代に向け、2人はそれぞれ思い描く「ライフプラン」を披露。



福原は「家族とすごく仲良しで、週末もみんなで車で党でしたり旅行に行ったりする。そんな家族に家を建てたいなとずっと思っていて。ちょっと田舎とかに、おおきな家を建ててみんなでゆっくり暮らしたい。車も今欲しいんです」と家族愛を溢れさせる。



さらに「私も素敵な家庭を築きたいって昔から思っている。子供も大好きで、(育児も)楽しそうだな。今はお仕事もすごく楽しいので、時期は全然決まってないんですけど」と結婚・出産への憧れもチラリ。

■宇垣美里は「走り抜けたい」


一方の宇垣は「死ぬまで働き続けたい、走り抜ける人生になれば」ときっぱり宣言。



「いい人に出会えたら結婚も楽しいのかなって思ってます。私は2人兄弟なので、子供も2人いたらいいな」と願望を見せつつも「自分でやりたいことは、自分で稼いで決断した方が合ってる。結婚相手や家族が大変な目にあったときに『いいよ、私が払うから』って言ってあげられるようになりたい」と力強い発言が飛び出す。



海外旅行が大好きで、2ヶ月に1回は旅立っているといい「ゆくゆくは海外で生活できればと思って、英会話も始めました」と順調に自分の目指す将来へ準備を進めていることを明かす。

■若いうちから…


タイプが全く違う2人のライフプランだが、その生活にかかる資産形成目標額に「結構かかるんだな」と共に目を丸くする。

福原は「若いうちからコツコツ資産形成しないと」、宇垣は「これが目標にもなると思うので、その資産に向けてしっかり計画的にやっていかないと」と決意を新たにしていた。

・合わせて読みたい→宇垣美里が猫と戯れる動画がかわいすぎる 「需要しかない」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ