出会いない社会人へ!世の中にある異性との出会い方を一挙紹介!

ハウコレ

2019/10/4 12:00



社会人になると「出会いがない……」というセリフを耳にする機会も増えてくるでしょう。しかし、それは出会いの探し方を間違っているだけ、出会いがあっても物にできていないだけなのです。

社会人になってからは主に仕事を中心とした生活になることで、出会い探しが上手くいかない人もいますね。学生ではできないアクションを有効に使えば、いくらでも出会いの道は切り開けるはずです!

■出会いない?社会人は学生と違ってアクションを次第で色々できる!


「恋人が欲しい」という気持ちがあれば、スケジュールの調整はいくらでもできるはず。

出会いを求める言葉を発しているだけではなにも変わりません。本気で出会いが欲しいのであれば行動に移しましょう!

■年齢制限が基本的にない
未成年の学生時代では入れなかった場所、親の承諾がなければできないこと……など、基本的な年齢制限から解放される社会人。夜遅くにバーでお酒を飲むことも、深夜帯に繁華街を歩いていても補導されることもなく、自由にプライベート時間を使える強みがあります。

街コンや合コンに積極的に参加し、お酒の力を借りて楽しく出会い探しをすることもできるでしょう。

仕事や生活に縛られるイメージが強く、学生のような自由さには制限がかけられているようにも見える社会人ですが、見方を変えれば……学生では規制がかかっていた場所や時間帯への制限がなくなる「新しい自由」でもあります。上手に活用することで、出会い探しのチャンスの可能性は広がっていくでしょう。

■学生と違ってお金がある
社会人ならではの強み、それは「自分の采配で自由に使えるお金がある」ことです。それも学生時代のアルバイト代やお小遣いとは比較にならない金額で。仕事があることでクレジットカード審査も通りやすくなりますよね。ある程度まとまった金額をカードで使って、あとからボーナスで払う……なんてこともできるようになります。

旅行先での出会い、習い事での出会い、会員制ジムでの出会いなど……使えるお金の額が大きくなることで、出会いの場面も広がるでしょう。

結婚を前提とした出会いが欲しい人は、結婚相談所へ登録したり、婚活パーティーへの参加も自分の気分次第で行動できるようになります。お金の余裕があることで自分磨きへの投資もしやすい環境になり、異性からの注目を集めるための準備もできるようになります。

■テスト勉強で潰れないオフの日がある
自由に見える学生の本分は勉強です。定期的な試験があるため、テスト勉強で自由を拘束される期間があるのが学生の大きなデメリット。社会人になって決まった職場に付いた状態であれば、「プライベート時間への制限のないオフ日」が発生するメリットを手に入れることができるようになります。

どんな仕事でも働くことは大変なこと。それでも勤務時間を乗り越えれば……その後のプライベート時間はすべて自分のものに。拘束や制限のない自由な時間を上手に使えることができれば、年齢問わず、いくらでも出会いのチャンスが期待できる環境を作ることができるのです。

■出会いない社会人が異性と交流する方法


社会人の始めの出会いは「職場」です。ただし勤務先での出会いは限りがあります。社員数や既婚率、好みのタイプがいるかいないかなどで大きく左右されてくるでしょう。

中途採用を積極的に行う会社なら職場での出会いの期待も残りますが、不景気の影響で新人採用をしない会社も少なくありません。職場での出会いは最初の数か月が勝負。

ここで出会いが期待できない環境であれば、求める環境を別エリアに変更する必要がでてきます。いまの状況で出会いがない人は、「職場以外」での出会い探しにシフトチェンジです!

■趣味の社会人サークルに入る
職場にめぼしい出会いがない場合、趣味の社会人サークルに入ることをオススメします。自分の興味がある分野での出会いは、初対面でも会話がはずみ、親しくなりやすい条件が揃っているので出会いの確率が高いことでも人気の恋活です。

趣味を通じた出会いは、楽しい時間を作ってくれるでしょう。仕事のストレス発散にもなるので一石二鳥ですね。近年はインターネットが普及しているので、気になる分野の社会人サークルは検索ですぐに調べることができます。あとは実際に参加してみる勇気ひとつで、新しい出会いへの入り口が開くでしょう。

■料理教室といった男女が集まる習い事をはじめる
習い事で技術や教養を身に着けながらの出会い探し、習い事もあります。ダイエットや体型維持のためのジムやキックボクシングで出会いがあったケースは数えきれません。

最近では、料理を好む男性も多いことで料理教室での出会い探しも人気ですね。男女が集まって同じ習い事をしている空間には一体感が生まれます。「仲間意識」が強くなることで、お互いに気になる相手がいれば、そのまま自然と交際に発展することもめずらしい話ではありません。

■客同士が交流するBARやクラブに行く
友だち同士で行くお店、ホステスやホストなどの「おもてなし」を受けるお店……ではなく、シングルで来店するお客さん同士が交流できるBARやクラブも狙い目。年齢、職業問わず、多くの人との出会いが期待できます。

ただし、ある程度の社交性が必要な出会いの場面なので、トークに自信がない人や恥ずかしがり屋タイプには向いていないでしょう。出会いがないだけで人と話すのことが好き、初対面でも話しかけられる……といった積極的タイプの人はぜひ活用してみてください。出会いが転がっている場所なのでチャンスが掴める可能性が高いです!

■婚活パーティーに参加
結婚まで考えた出会いが欲しい人は婚活パーティーに参加すべきです。「結婚相談所や婚活パーティーを利用することは、なんとなく負け組のような感じがして気が引ける……」と思っている人、それは間違いです!

本気で結婚を前提にしたいのであれば、最初から結婚希望のある男性との出会いが一番。相手の仕事や年収、家庭環境を先に知った上での出会いになるので、効率のいい出会い探しができます。出会いがあっても相手に結婚の意志がない、年収があまりに低すぎる、姑との同居をせまられる……といった「後トラブル」の回避もでき、時間を無駄にすることもありません。勝ち組結婚をする人でも、お見合いや婚活パーティーでの出会いがきっかけというケースは、決して少なくないのです!

■社会人向けの街コンも行ける!
自分たちで数合わせや場所決めをする合コンとは違い、ひとりでも友人と一緒でも、いつでもどのエリアでも、自分のタイミングと気分次第で参加できる魅惑の出会いの場「街コン」。仕事帰りの一杯感覚で気軽に参加できるため、負担を少なく出会い探しができます。

街コンで出会った相手の友人含めて、改めてグループ飲みをするケースもあり、1度の出会いから複数の出会いへの期待も!お酒や時間帯に制限をかけられる学生とは違う、社会人向けの街コンにも参加できる特権をフル活用してみましょう。

■マッチングアプリに登録する
スマートフォンが主流となっている現代社会では、一昔前と比べても、さまざまな便利ツールのおかげで、よりスマートな生活ができるようになっています。出会い探しも論外ではありません。

ネット上での出会いとなると、援助交際目的の「出会い系」へのイメージが強く印象は良くありませんが、いまは普通に「恋活ツール」として多くの人が活用しています。通勤中や就寝前の深夜帯など、自分の好きな時間に「相手探し」や「気になる相手へのアピール」ができることが魅力のマッチングサービス。

お互いに同意が取れれば、すぐにデートにつなげることができるのも人気となった理由でしょう。最初は無料で使えるマッチングサイトやマッチングアプリも多数あるので、お試しで利用してみても損はありません。

■学生時代の同級生にコンタクトを取る
自分の生活の中で出会いが期待できない場合には、ほかのフィールドにいる学生時代の同級生の繋がりを利用することもひとつの手段になります。関わることのない業種の人たちとの交流が期待できるからです。

また、友人の友人への出会いの期待など、ネットワーク網が無限に広がる可能性もありますね。出会いはどこにあるかわかりません。どんな繋がりで引き寄せられるかもわかりません。その分、可能性は広がっています。自分のエリアという狭い世界で得る物がないのであれば、人のエリアに侵入して「他人の縁の力」を借りてみましょう。

■出会いがないうちに社会人がやっておきたい異性からモテる努力


出会ってから努力をするのは……遅すぎます。せっかくの出会いのチャンスが目の前にあっても、出会った相手に気に入ってもらえなければなんの意味もないでしょう。出会いがないときにこそ、いまのうちにモテるための努力をするべきなのです。

出会いがない期間は、次の出会いのために用意できた「準備期間」として有効活用してください。出会ったチャンスを確実に自分のものにし、よりよい人生を手に入れましょう!

■金銭面の余裕を作る
常に金欠状態の人は同じ社会人から避けられる存在になります。お金を稼ぐことの大変さを知っている社会人同士だからこそ、金銭管理のできていない相手に対して軽蔑に近い感情を持つことがあるからです。

深く関わることで、自分が一生懸命稼いだお金に影響が出てしまうことへの不安も大きな原因のひとつですね。お金に余裕がなくなると日常生活にも必ず影響が出ます。お金の工面で精神を追い込まれることもあるため、気持ちも不安定になりがち。金銭面の余裕は精神面の余裕にも直結します。

ある程度の余裕を持っている人は異性に安心感を与え、「一緒にいたい」と思わせる魅力の材料となります。

■常識やマナーを身に付ける
社会人ともなれば、学生のときのような甘えは許されなくなります。成人としての常識を持っていないと、恋人どころか人としての相手をされないこともよくある話。最低限の常識とマナーを身につけていることは武器になるのではなく、「当たり前」であることを自覚してください。

社会人なのに常識やマナーのない人間は信用されません。それだけで魅力は半減以上になるほどの破壊力があるのです。モテる前に人として嫌われてしまっては、出会いもなにもないですよね。

■清潔感や誠実さが最大のモテる要素
不潔な人、信用できない人、この2タイプは絶対的に人から嫌われます。モテる以前の問題になってくるでしょう。言葉にしなくても意識しなくても、生理的にNGとなる人が多いので絶対にモテません。

逆に、清潔感や誠実さを感じさせることができれば、大きな好印象を与えることができます。初対面であっても「素敵な人」判定をされる確率は、非常に高くなるでしょう。どれだけ相手に好印象を与えられるかが、モテるための最大要素になってきます。出会いがあってから、気になる人ができてからでは間に合いません。

それは、すでに日常の姿での印象が付いてしまっているからです。だれかが見ていなくても、意識する相手がいなくても、清潔感・誠実さをライフテーマとした生活を心がけることが、後々のモテ要素に繋がってくるのです。

■身だしなみを整える
洗濯や毎日の入浴で身綺麗にしていたとしてもボタンが取れている服を着ていたり、しわの入ったヨレヨレのスカートを履いていたりと、身だしなみが整っていなければ「だらしない」印象を与えてしまいます。

髪がぼさぼさ、爪が伸びているのもNG。仕事が忙しいとしても、家を出る前の身だしなみチェックは怠らないようにしてください。服はアイロンをかけたり、クリーニングに出したり、ほころびは繕いましょう。5日分の服を休日のうちに準備しておくのも良いですね。

毎朝すごく楽になります。オプションとして髪・肌・爪のケアも忘れずに!男性は見てないようで案外、細かいところまで見ていることが多いので、日ごろから身だしなみ意識を高めることも、モテるための重要なポイントになるでしょう。

■会話術を習得する
トーク力のある人はそれだけでも大きな武器になります。一緒にいる時間を楽しいものにさせてくれる力があるからですね。誰だって「つまらない相手」よりは「楽しい相手」の方に行きたがるでしょう。女性としてモテる努力をしながら「人としての魅力」をプラスさせることで「素敵な女性」になることができます!話すのが苦手な人がおしゃべり上手になるのは難しいですが、「会話術」の習得はいくつかのポイントさえ押さえれば習得することができるでしょう。

一番の基本は「相手の話を聞いて適度な相づち」です。相手の感情に合わせた態度をするだけでも「話していて心地よい相手」を印象付けることができます。ちょっとしたコツなので試してみる価値アリです。

■まとめ


社会人になってからでも出会いはあります!ただし、偶然の出会いを期待して王子様を待っているようではいつまでも寂しい独女生活になってしまうでしょう。

社会人になってからの出会い探しには、「出会いを探すための努力」が必要になってきます。また、出会うだけがゴールではありません。出会いがないとなげく人の本来の目的は「素敵な恋人を手に入れる」こと。せっかく出会いを掴んでも、出会った相手の心を掴めないのでは、いくら出会いがあっても、ただ通り過ぎるだけの縁になってしまいます。それはもったいないですよね。

年齢を重ねるごとに出会いの確率、カップルになれる確率は少しずつ減少していくことを十分に自覚し、目の前に来た「出会いのチャンスを逃さないようにするための努力」も求められるようになってきます。

決して自己評価を高くせず、自分の欠点やマイナス要素を見つめ直して改善していく努力も必要。目先のことだけを考えるのではなく、目標地点を明確にした上で、出会う前の下準備から始めていきましょう。遠回りのようにも見えますが、確実に出会いを物にするための最短ルートなのです!(沢田七海/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ