マツコ「昼デートは相手の化けの皮が剥がれる」

※画像は、『5時に夢中!』公式Twitter より

 

9月30日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが「夜のデートと昼のデート」について語り、日に照らされてごまかしのきかない昼デートで相手の真価が問われると持論を展開した。

 

「そこで真価が問われる。サバイバルと一緒よ」

 

「昼デートと夜デート、どちらがいいのか」という話題。「夜デートってデートに分類される?」と疑問をもらすマツコに、「めっちゃされる」と返すデイトレーダー若林史江。「逆にいきなり昼からとか言われても。昼何すんの?」と困惑する若林に、マツコは「夜なんて飯食うか酒飲むかセックスするかしかないじゃない」と反論。「そもそも、デートに行ったらセックスに持ち込もうっていう大前提が嫌なんだけど。まず一回ぐらい晩酌をして……」と言ってから言葉を失う若林に、マツコは「何よ。『やっぱり物足りねぇな』みたいな」とツッコミを入れた。

 

「『ランチ行きましょう』は昼デートには該当しないんですか?」というふかわりょうの質問に、「ランチってある?」と驚くマツコ。これに「あります。夜だと『この後どうする感』が出ちゃうじゃないですか」と大橋未歩。「その時に『来るのか来ないのか』が面倒くさいじゃないですか。まずは牽制球を投げ合わないデートをしたいからランチっていうのはありますよね」と答えた。

 

ここで「昼の方がさ、相手の化けの皮剥がれない?」と同意を求めるマツコ。「なんか夜って薄暗いしさ、とりあえず飯食っときゃどうにかなるからさ。手の内がそんなに見えないじゃない。でも昼間のあの、有り余るほどの日に照らされてる屋外でね。もう何もないわけじゃない。だからそこで真価が問われる。サバイバルと一緒よ」と、昼デートはごまかしがきかないと主張した。

 

「真価を問えるのが昼じゃない?どの程度のもんなのか、こいつはっていう」というマツコに、「逆にそれ自分が怖いから嫌なのかも」と納得の若林。「できれば昼デートは一回セックスしたぐらいからがいい」と結論を出した若林を、「じゃあもうそうしてください!」と突き放すマツコであった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ