嵐・二宮和也、コンサートでの恥ずかしい“勘違い”明かす「俺じゃなかったか…」

E-TALENTBANK

2019/10/4 11:50


10月4日放送の日本テレビ系『スッキリ』に嵐・二宮和也が出演した。

【別の記事】嵐・二宮和也が“コンサートで必ず言う言葉”に「二宮くんらしい」

番組の中で、“自分がまだ経験したことのない見てみたい世界”という話題に対し、二宮は「後輩のコンサートとかっていうのは、僕らはステージに立てませんから」と切り出した。

続けて「(後輩を)応援しにきた人たちが気遣うじゃないですか。『嵐が踊ってるよ~、なんで?』ってことになっちゃうから、出れないわけです、我々は」と説明して、後輩のステージからの景色が見たいと話した。

さらに「(普段は)自分のうちわの前で踊ってるわけだから、我々は」「それが違ううちわっていうのがカウントダウン(コンサート)とかしかないから。結構新鮮なの、意外と」とコメント。

そして「“和也”みたいなうちわを持ってる人がやっぱりいるわけよ」「嬉しいなと思うじゃん。手振るじゃん。そんなにリアクションしないの」と語り、「なんでだろうな?と思うと、大体(KAT-TUN)亀梨(和也)のファンなの」と話した。

「リアクション悪いなと思ったら、亀梨が来たらすごい反応しちゃって」「“俺じゃなかったか…”みたいな」と続け、二宮と亀梨の名前の漢字が同じであるため、勘違いしてしまったことを明かして、笑い声をあげた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ