ワム!の名曲がついに映画化 『ラスト・クリスマス』12月日本公開

クランクイン!

2019/10/4 08:00

 クリスマスソングの定番となっているワム!の名曲「ラスト・クリスマス」を、女優のエミリア・クラークと俳優のヘンリー・ゴールディングを迎えて映画化した『ラスト・クリスマス』が12月6日より公開されることが決定した。

本作は、1984年に発売されて以来さまざまな記録を打ち立て、今もなおクリスマスが近づくと街中に流れるワム!の「ラスト・クリスマス」を映画化したロマンティック・コメディ。海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で広く知られ、映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)ではハン・ソロの幼なじみ役に抜擢されたエミリアと、全米に旋風を巻き起こした映画『クレイジー・リッチ!』(2018)で御曹司ニックを演じたヘンリー・ゴールディングという旬の2人が共演する。

同曲からインスパイアされ、切なくも希望と大きな愛に満ちあふれたオリジナル脚本を手掛けたのは、オスカー女優(『いつか晴れた日に』)で脚本家のエマ・トンプソン。エマは本作に出演もしている。メガホンをとるのは、映画『シンプル・フェイバー』『ゴーストバスターズ』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』を手掛けたポール・フェイグ。

ロンドンのクリスマスショップで働くケイト(エミリア)は、小妖精エルフの格好をして煌びやかな店内にいても仕事に身が入らず、生活も乱れがち。そんなある日、不思議な好青年トム(ヘンリー)が突然現れ、彼女の抱えるいくつもの問題を見抜いて答えに導いてくれる。ケイトは彼にときめくが、ふたりの距離は一向に縮まらない。トムを捜し求めつつ自分の心の声に耳を傾けたケイトは、やがて彼の真実を知ることになる…。

映画『ラブ・アクチュアリー』『ラ・ラ・ランド』『アリー/スター誕生』のように、ストーリーだけでなく、音楽にも注目のラブストーリーとなっている。

映画『ラスト・クリスマス』は12月6日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ