本田翼、ヘアスタイルについて事務所に“直談判”した過去「7年ぐらいずっと…」

E-TALENTBANK

2019/10/4 07:10


10月3日放送の日本テレビ系『バゲット』に本田翼が出演した。

【別の記事】本田翼、結婚に対する“一番の懸念事項”を明かす「お金に目がくらんで…」

番組では、ゲスト出演した本田のこれまでの経歴などが紹介され、この中で、本田が13歳で雑誌「Seventeen」の専属モデルになったことが明かされると、本田は当時のヘアスタイルについて「結構(髪の毛が)長かったですね」「最初はセミロングくらいで、どんどん伸びて胸下ぐらいまで」と語った。

さらに、本田はデビューしたものの、女優・CMオーディションに100回以上落選するなど、苦労した時期が続いていたが、そのような状況が好転していくきっかけがあったとして、「髪切ってからですかね」と切り出した。

続けて「高校生になった後だったんですけど」「切ったあとぐらいから、すごいいろんなことが決まるようになりました」と、ショートカットにした後から仕事が決まるようになったと明かした。

また、髪を切ったきっかけについては「自分もずっと髪を切りたいって言ってたんですけど、事務所が『ロングの方がオーディションに受かりやすいんだよ』って」「でも『おい見ろ!』って。『7年ぐらいずっと受かってないぞ』って私は言って。『じゃあ切りましょうよ』って言ったら、妙に納得してくれました」と振り返った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ