増税後こそ買い物の賢いタイミング? 若新雄純が解説!

TOKYO FM+

2019/10/4 06:50

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。9月26日(木)の放送は、木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が登場。最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、消費増税前の“駆け込み需要”について取り上げました。



若新雄純

◆駆け込み購入はむしろ損!?
10月から消費税率が8%から10%へ引き上げられるのを前に、大型家電を買い替えたり、日用品をまとめ買いしたりする“駆け込み需要”が高まり、駆け込み購入する姿が多く見られました。

若新は、「物の値段がどうやって決まるかと言うと、需要と供給のバランスで決まる。つまり、みんなが一斉に買うときは値段が高くなる。逆に値段が一番下がるときは需要が下がったとき」と説明。

例えば、10万円の物を購入した場合、消費税8%と10%の差額は、2,000円です。「僕がもし電器屋さんの店長だったら、(増税直前の)この時期、絶対に値下げをしないですよ。なぜなら2%のためにみんなが買いにくるから」とコメント。

「お店からしたら、大幅に値引きしなくても9月はみんな“増税前に買わなきゃ!”と思って買いにくる。税率が0%から10%に上がるんだったら、10万円の物を買うと1万円変わるから大きいけど、10万円で(差額は)2,000円なわけです。売る側の立場からすると、みんなが列をなして買いにきてくれるときに値段を下げる必要はない。まんまと(駆け込み商戦に)乗せられると、一番高い値段で商品が並ぶタイミングに買うことになる」と話します。

さらには、「コンビニなど定価で値段が変わらないところならいいけど、(増税前に)みんなが買いに行くのは、大量に商品を扱っているスーパーとか家電量販店、普段大幅値引きしてくれるようなところ。でもそうしたお店は、増税後、みんなが買い物をしなくなって需要が下がったときに一番値引きするんです。増税後に(買い控えで)お客さんがこなくなったときにこそ値引きしてくれる。だから、消費税が2%上がるということばかりに目がいってしまうと……繰り返しますが、10万円の買い物でも(差額は)2,000円ですから。たぶん10月以降は、(大型家電など)10万円以上の物であれば2,000円以上値引きされるなんて場面は増えると思います」と解説。

そして、最後に「家電量販店は毎月売り続けなければならない。10月以降もどうやってお客さんに売るかを考えることが大事なわけで、値段を下げるしかないからそのときに買いに行くのが賢いと思いますよ」と補足していました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ JFN PARKでは、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park

また、無料スマホアプリWIZ RADIOでは、OA局をチョイスすることで、全国のFM局の番組が聴取可能です。
★ダウンロードはこちら→https://www.wizradio.jp/
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ