iOS13ですべてのアプリをダークモードに変更する方法


iOS13がリリースされ、ついにiPhoneにも包括的なダークモードが搭載されることになりました。

新しいダークモードに対応するアプリも日に日に増えています。すでに多くのアプリがiOS13のダークモードに対応すべくアップデートされていますが、未対応のアプリもまだたくさん残っています。

ダークモードを使っているときに、明るいUIのアプリに目くらましを食らいたい人はいないはず。

幸いなことに、iOS13の「スマート反転」機能を使うことで、すべてのアプリを強制的に「ダークモード」にすることができます。

「スマート反転」は、iPhoneの画面の色を反転させるアクセシビリティ機能です。

スマート反転は「反転(クラシック)」とは異なり、画面全体ではなく特定のアプリやUI要素にのみ適用され、重要なアイコン、画像、テキスト(たいていの場合)の色は変わりません。

つまり、明るいインターフェースを持つアプリがあれば暗い色に変更されますが、すでにダークモードテーマが適用されているアプリは変更されないということです。

もっとも、ダークモードが適応されたアプリでも白や明るい色が基調であれば、より暗い色に変更されることもあります。

スマート反転機能はiOSの前バージョンにもありましたが、アプリによって結果がまちまちでした。

今回の新しいiOSは公式にダークモードが搭載されたので、スマート反転もかなりうまく機能するようになり、すべてのアプリで「ダークモード」の美しさを維持することができます。

ダークモード「反転(スマート)」の設定方法

20191001_iphone
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

スマート反転をオンにするには


[設定]>[アクセシビリティ]>[画面表示とテキストサイズ]と移動し、下にスクロールして[反転(スマート)]をオンにします。

スマート反転は色を「スマート」に変更してくれる機能ですが、一部のアプリで、特定の色が変更された(あるいは変更されなかった)ことにより、使いづらくなる可能性もあります。

問題がある場合は、スマート反転をオフにしてから問題のアプリを再起動すれば、もとの状態に戻ります。

明るすぎる色を調整するには


[設定]>[アクセシビリティ]>[画面表示とテキストサイズ]にある[明るさの自動調節][ホワイトポイントを下げる]

これでも、明るすぎる色を落ち着かせることができます。

いつもうまくいくとはかぎりませんが、お気に入りのアプリがダークモードに対応するまでは、このやり方で凌ぐことができるでしょう。

あわせて読みたい

Image: Shutterstock.com

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ