EXIT兼近、ファンがいなかったら“裸”?「もともと貧乏だったときから…」

E-TALENTBANK

2019/10/3 20:20


10月2日深夜に放送されたテレビ朝日系『すじがねファンです!』に、EXIT・兼近大樹が出演。番組では、EXITをゲストに迎え、EXITを結成する前のコンビから応援しているファンを交えながら、さまざまなトークを展開した。

【別の記事】EXIT兼近、嵐への感謝を“チャラ語”から“セルフ翻訳”し反響「真面目すぎ」「まさかの…」

その中で兼近は「もともと貧乏だったときから、ファンの方からいただいた食べ物と貰い物だけで生活してたんですよ」と切り出した。

さらに「着るものとかも。今もそうです」「何もかも全部。もう全てが貰い物。パンツも靴下も靴も」と現在の服装についても触れると、他の出演者から「ファンいなかったら裸だ」とツッコミを受け、兼近は「裸です」とコメントしていた。

その後、“テレビに出る時はできるだけ貰い物を着るのか?”という質問があがると、兼近は「貰ったけど着れてないってやつを探して、合わせて」と説明。

また、「スタイリストさんとかじゃないの?」という質問には、兼近は「全部自分なんです」と回答し、スタジオからは「おしゃれだねー」「え、自分なんだ」という声があがっていた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ