生理痛を改善する5つの対処法。つらい痛みとさようなら

マイロハス

2019/10/3 12:00

sp_shutterstock_1346432588

毎月訪れる憂鬱なPMSや生理痛。これらの痛みを軽減する5つの対処法を、女性医療ジャーナリストの増田美加さんの連載「カラダ戦略術」からご紹介します。

低用量ピルで生理痛を改善も

strategy42_02

低用量ピルは、生理周期のコントロール、生理痛やPMS(月経前症候群)の改善、卵巣がん、子宮体がんの予防など多くのメリットが得られる一方、マイナートラブルが出ることも。自分に合ったピルの選び方とは?

低用量ピルを使いこなす方法

生理痛に潜む病気を探って

640_shutterstock_559650985

つらい生理痛は、月経困難症という病気です。また、ひどい生理痛は子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮内膜症などの可能性が……。症状が分かれば対処も明確。たかが生理痛と片づけないで、放っておかないことが大事です。

生理痛に潜む病気とは?

つらいPMS(月経前症候群)の対処法

bodystrategy_17_2-1

生理前の1週間を"PMS期"と言って、さまざまな体、心、肌の不調が現れます。PMSは、女性ホルモンの変化によって起こるもの。低用量ピルや漢方薬、ビタミンB群が豊富な食事で対応するのがおすすめです。

PMS(月経前症候群)の対処法

ひどい痛みは我慢せず婦人科へ

bodystrategy_16_2

鎮痛剤を飲んでも効かない人はもちろん、毎月、鎮痛剤を飲むような痛みのある人、痛みがひどくなっていっている人は、婦人科を受診しましょう。我慢していると、子宮内膜症や子宮筋腫がある場合は病気が進行してしまうこともあります。婦人科へ行くべき生理痛の見極め方

生理周期の不順を解決

bodystrategy_15

生理周期の不順は、女性を不安にさせます。「生理が来ない」、「生理周期がバラバラ」、「出血量が多く、生理期間が長い」、「生理周期が短く、すぐ生理が来てしまう」という悩みに答えます。

「生理が来ない…!」不安になる生理の悩みと対処法

>>特集「私と生理」の他の記事を読む

生理を快適に


image via Shutterstock

当記事はマイロハスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ