セックスレス解消のため、妻が「やってはいけないこと」を専門家に聞いてみた!(前編)【コソダテフルな毎日 第139話】

ウーマンエキサイトをご覧のみなさま、こんにちは!
オギャ子です。

いつもは子育てに関する記事を執筆していますが、今回は子育ての土台でもある、夫婦関係について掘り下げていきたいと思います。

子どもにイライラしてしまう、優しくしたいのについガミガミ言ってしまう、こういう悩みの根源って実は良好な夫婦関係を築けているかどうかが絡んでいると思うんですよね。

夫と仲がよいと子どもにもいい影響があるとか、夫との関係がうまくいってないと子どもが不安定になりやすいとかも聞きますし、夫婦関係と育児は切るに切れない関係にあると思っています。

ということで今回、スペシャリストにお話を伺ってきましたぁぁぁ!!!!

教えて!
三松真由美さん!!!

え。誰!?って思ったそこのアナタ。

ご紹介しましょう!

恋人・夫婦仲相談所の所長でセックスレスカウンセラー、多数の悩める夫婦を救ってきた三松真由美さんです!


そんなことは置いておいて(置いていくな(笑))ぶっ飛びプロフィールをご覧ください。

三松さん なんと!
3回結婚されてるんです!!!
ほいで現在の旦那さん、なんと20歳年下!!
しかも女性が結婚したい~!と思う人気の職業のイケメンさん!!!

どぇぇぇぇぇーーーー!!!!!
20歳年下は凄い!!! 凄すぎる!

三松さんはさらに…
イケメンサークルを運営されているし(え!?)
最近初孫が生まれたんですって!(ええええ!?)

三松さん:「お孫がかわいいのよぉ~~~うふふふふ~」

ってどっひゃーー!!!!

お孫を可愛がっているバアバが20歳年下のイケメンと3回目の結婚。
もう脳内大混乱

何度結婚してもバージョンアップした夫をゲットしてくるまるで不死鳥のような人です。

というわけで夫婦のお悩みは色々あるけれど、

フェニックス三松に、
セックスレスで悩む妻たちはどうやったらセックスレス解消できるのかについて…お伺いしてきました!

夫にもう一度女性として愛されたいと願う妻たちへのアドバイス


すでにそういうことに興味ない派の妻にとっては理解しづらい悩みだと思います…が、女性としてもう一度愛されたいと願う妻にとっては大きな悩みだと思うんです!

オギャ子:「三松さん、セックスレスで悩む女性は、なかなか言えないし相談してないだけで、実はたくさんいらっしゃると思うんですよね。そういう人達に何かアドバイスをお願いします。」

三松:「わたし、女性用風俗にも詳しいんだけど~~、



お…おおおぅ…

突き抜けていらっしゃる…


それはそれで興味ありますけど…(スルーしてください)なかなか普通の女性がいきなり女性用風俗ってハードルが高すぎると思うんですよね。
(こういう書き方をすると三松さんが普通じゃないかのようですが…普通じゃないです(笑))

妻たちはセックスがしたいというよりも、夫との関係を回復したい、夫にまた女性として愛されたいと願ってる人が多いはず。

自分からはなかなか切り出しにくいですが、かといって黙っていても溝は深まるばかりですし…前にも後ろにも進めず同じところで悶々としている女性たちもたくさんいると思います。で、結局のところ意を決して夫と話し合うしかないのかなと思うんですよね。

ただ、話し合いの仕方を間違えてしまうと
どえらい事になってしまうので、

三松さん!!!

セックスレスについて話し合いをする時に
妻が「やってはいけないこと」



セックスレスについて夫婦で話し合いをする時に、妻が「やってはいけないこと」ってありますか!?

せっかく挑んだ話し合いが大失敗に終わらないためにも、やってはいけないことを教えてください!!

三松さん:「そうね、まずは、



泣くのはよくないわね~~。男性側の意見もたくさん聞いてるけど、妻に泣かれると思ってることがますます言いにくくなるみたいだから」

ええええ!?
泣くのダメですか!?
いやでも泣いちゃいますってどうしても。

自分の悲しみや怒りを表現するとき、泣かないでおこうと思っても自然と涙は出てきちゃうんですよねぇ。ヒステリックに泣くのはよくないけれど、自分の意見をしっかり言うための涙ならそこは許してほしいです(笑)

三松さん:「…あと、問い詰めはよくないんだよねぇ。」


あーーーー、はいはいはい。
これはセックスレスの話し合い以外でも男の人にはNGなアプローチな気がします。初回の「どうして!?」に答えてくれたとしても、さらに畳みかけるように「なんで!?」「なんで!?」を繰り返してると話が堂々巡りで終わらないんですよね。

三松さん:「あと…


え!?自虐!?

これは盲点!!
自虐はダメってどういうことですが?

三松さん:「たとえば、自分の体型とかを自ら引き合いに出すこと。『私が太ったからダメなの!?とか、産後ユルくなったからダメなの!?』とか、わざわざ自分から卑下するのはよくないわよね。常に自虐で持って行こうとすると、旦那さん側からしたら『そうじゃないのに…』って思っちゃうんだよね~」

うーーーわ。
これは無意識のうちにやってしまいそうです!!


三松さん:「あと、かまかけもダメね。」


カマカケ…。

かまかけってなんだっけ??

三松さん:「本心じゃないのに、あなたが変わらないと離婚するわよ! とかこのままだったら私浮気するわよ! というワードを出してしまうことね。」



わぁぁぁぁ。

これもやってしまいそうです!!!

恋人時代でも相手の気持ちを確かめたくて、本気じゃないのに「もう別れる…」とか口走っちゃいがちですもんね。

最初こそ「ちょ待てよ」(キムタク…?)ってなるけど、繰り返すと「またか」ってなって「もうめんどくさいな! むしろ別れてくれよ」ってなっちゃう可能性大ですよね。

セックスレスで悩むパターンも色々だとは思いますが、2人目が欲しくて悩んでいる奥さんもいらっしゃると思うのですが、そういう場合はどうしたらいいですか?

三松:「2人目が欲しいからって迫られるのは、子作りのためだけ?ってなってしまうので、2人目が…というフレーズはそっとしまっておいて、あなたと楽しみたいというアプローチがいいわね」

女の私達がおもう以上に…男の人って繊細ですよね。

では話し合いの上で、逆に旦那さんから



お前が太ったから嫌だとか、いつもイライラしてるから萎えるとか、自分に対する不満を言われた場合、どう反応したらいいですか?!

三松さん:「そこはもう素直に全力で、



ごめんね~~!!!!って言って、
「痩せるね!」
「優しくするね!!」と言ってあげて!!」

えええええーーー!!!!
「お前が言うなよ!!」ってハラタツけど!?

三松さん:「腹が立つ気持ちをぐっとこらえるのよ。目的はレスの解消なんだからそこを達成するためには、こちらが一歩大人になって、相手の主張を聞いてあげて。」

おぉぅ……
どんな精神修行?!

なんで私ばっかりがこんなに頑張らないといけないんだ~! ってさらに腹が立ってきそうですけど、20歳年下イケメンをゲットした三松さんが言うからこそ説得力があります!

そこは策士になるんですね!?

目的達成のためには冷静でロジカルな策士になるべきなんですね!?

三松さん:「そうよ!! 寛容な気持ちを持って、菩薩よ、観音さまよ。マリア様よ! 主張だけでなく、一歩譲るマインドを忘れないことも大事なの」

でも、話し合いはあくまで第一ステップにすぎないですよね。


話し合いをして「わかった。これから頑張るよ」となっても、実際再開のきっかけをつかめなかったり、いつまで経っても実際のアクションが起こらなかったり…とか

あの話し合いは一体なんだったのか…待てど暮らせど変化なしカァカァカァ。

こういう場合はどうしたらいいですか!?

三松さん:「待ってちゃ始まらないわよ!!

待つな・動け!

これのみ!」

はいぃいいい!!!
先生!

三松さん:「目的達成のためには自ら動くのみ!」


三松さん:「ただし一足とびに解決しない場合が多いから気長にね。」

アイアイサァーーーー!!!!

というわけでまとめます!

セックスレスについて話し合う時に妻が心がけるべき点。

1.泣かない
2.問い詰めない
3.かまをかけない
4.自分で自分をサゲない
5.子作りを引き合いに出さない
6.相手の主張を冷静に受け止める
7.自分から能動的に動く


以上7点を胸に刻んで、

緊張すると思いますが…

いざ!話し合いの場を持ってみてください!

「動き出さない事には山は動かない。待つな・動け!」が合言葉です。

コレは戦か…(笑)

そして、まだまだ描き足りないことありますので…後編に続きます!

▼三松さんVTuberのプロデュースをスタートしたそうです…!
【VTuber 恋路未遊】三松真由美プロデュース「保健室の未遊先生」スタート!
(オギャ子)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ