【一般試写会ご招待】知られざるキューブリックの総てを描いた秀作ドキュメンタリー映画『キューブリックに愛された男』

NeoL

2019/10/3 20:00



今なお世界に多大なる影響を与え続ける映画監督スタンリー・キューブリック。没後20年を迎えた今年、知られざるキューブリックの総てを描いた秀作ドキュメンタリー映画『キューブリックに愛された男』(原題:S is for Stanley)が、『キューブリックに魅せられた男』との史上初のカップリング上映で11月1日(金)より公開となる。『キューブリックに愛された男』は、キューブリックの専属ドライバーであった エミリオ・アレッサンドロの目を通して、奇妙な出会いや神経質なキューブリックの生活様式、動物に囲まれ穏やかな日常など、これまで描かれなかった巨匠の普段着の姿が2人の厚い友情と共に浮かび上がるハートフルな仕上がり。“映画監督スタンリー・キューブリック”では見せない姿がそこにはある。

エミリオ・ダレッサンドロはイタリア系の移民。元々は才能溢れるレーシング・ドライバーとして、将来を嘱望されていたが、新天地を求め移住したロンドンではレーサーの職は得られず、タクシー運転手として家族と平凡な生活を送っていた。1970年の雪の夜、ホークフィルムという会社からエミリオに奇妙な仕事の依頼が入る。「人ではなく、ある“モノ”を撮影スタジオに運んで欲しい。悪天候に加え、その現物は車に積むには大き過ぎたが、エミリオはなんとか無事にスタジオまで送り届けることが出来た。映画に興味のない彼は、そこで何が行われ、直接の雇い主が誰かなど特に気にはかけなかった。後日、そのホークフィルムから「我が社の代表が挨拶したい」と連絡が入る。 それがキューブリックとエミリオの出会いだった。レーサーとしての実績を知っていたキューブリックは「あなたを自分の専属運転手として雇いたい」と申し出てきた。エミリオは快諾し翌日からアボッツ・ミードにある監督の自宅 兼スタジオに通うことになった。30 年に渡る 2 人の奇妙な友情はこうして始まるのだった...。







『キューブリックに愛された男』(上映時間82分) 【日時】10月29日(火)18:30 開場/19:00 【場所】会場:シネアーツ(新宿区市谷本村町2-5 AD市ヶ谷ビル)【組数】5組10名

空メールを送信するとプレゼントに応募できます。(←クリック)ご応募お待ちしております。後日当選された方にはいただいたメールアドレス宛にNeoL編集部よりご連絡させていただきます。

【注意事項】※受付時間やイベントの詳細はご当選者へのみお知らせいたします。※当選者ご本人を含む2名様のご招待となります。※満員の際は消防法によりご入場をお断りいたします。予めご了承ください。※開演後のご入場は堅くお断りいたします。※場内での録音・録音機器の使用を固く禁止致します。※開場・開演時間は変更になる可能性がございます。

キューブリックに愛された男』http://kubrick2019.com2019年11月1日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開監督:アレックス・インファセッリ 出演:エミリオ・ダレッサンドロ/ジャネット・ウールモア/クライヴ・リシュ 2016 年/イタリア/カラー/82 分/ビスタサイズ/5.1ch (C)2016 Kinetica-Lock and Valentine

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ